一般の映画に関する史上ベスト10です。
あくまで個人的なものであり、邦画部門と洋画部門に分けます。
色が変わっている部分はリンクが貼ってあります。
なお、ここから選に漏れた映画のうち恋愛映画、ミュージカル映画、ミステリーと戦争映画については別にベストテンを作っています。

 

邦画部門

 

1. 浮雲(成瀬巳喜男監督、東宝、1955)

2. 憎いあンちくしょう(蔵原惟繕監督、日活、1962)

3. 用心棒(黒澤明監督、東宝、1961)

4. 二十四の瞳(木下恵介監督、松竹、1954)

5. 東京物語(小津安二郎監督、松竹、1953)

6.雪国(大庭秀雄監督、松竹、1960)

7. 12人の優しい日本人(中原俊監督、1991)

8. さびしんぼう(大林宣彦監督、東宝、1985)

9. 黒の試走車(増村保造監督、大映、1962)

10. 有りがたうさん (清水宏監督、松竹、1936)

佳作

 


 

洋画部門 (UAはユナイテッド・アーティスツの略)

 

1. 麗しのサブリナ(ビリー・ワイルダー監督、パラマウント、1954)

2. 永遠と一日 (テオ・アンゲロプロス監督、ギリシャ、1998)

3. 友だちのうちはどこ(アバス・キアロスタミ監督、イラン、1987)

4. ビフォア・ザ・レイン(ミルチョ・マンチェフスキ監督、マケドニア、1994)

5. 嵐が丘(ウィリアム・ワイラー監督、UA、1939)

6. 自転車泥棒(ヴィットリオ・デシーカ監督、イタリア、1948)

7. 赤い河(ハワード・ホークス監督、UA、1948)

8. 灰とダイヤモンド(アンジェイ・ワイダ監督、ポーランド、1958)

9. 人生模様 (オムニバス、20cFox, 1952)

10. ケス(ケン・ローチ監督、イギリス、1970)

佳作

  • 初恋のきた道 (張芸謀監督、中国、2000)
  • バベットの晩餐会 (ガブリエル・アクセル監督、デンマーク, 1987)