●2002/12/01 Sun   ☆☆☆☆☆
監督  成瀬巳喜男
脚本  水木洋子
原作  林芙美子

 

出演
高峰秀子 (幸田ゆき子)
森雅之 (富岡兼吾)
山形勲 (インチキ宗教家・伊庭杉夫)
岡田茉莉子 (向井の妻おせい)
加東大介 (向井清吉)

 

高峰秀子主演の史上最高傑作。

 
戦時中、農林省技師の富岡(森)とタイピストのゆき子(高峰)は仏印で出会い愛し合った。
しかし引き上げてきても、二人はなかなか一緒になれない。
富岡は妻と別れられず、その上、彼女に病気になられてしまい見捨てるわけに行かないくなった。
 
絶望したゆき子は外人相手のパンパンになる。
そんなゆき子を慰めようと、富岡は三島の温泉に連れて行く。
そこで富岡が人妻おせいと出会い、色目を使ったばかりに、またゆき子と揉める。
ゆき子は妊娠していたが、これをきっかけに下ろしてしまう。
 
そしてしばらくゆき子は、インチキ宗教家伊庭の情婦になっていた。
そんなある日、富岡の妻が亡くなったという。
葬儀のあと、富岡が屋久島へ赴任することをゆき子は知る。
 

ドロドロになった、どうしようもない男と女の世界だ。
決してハッピーエンドは望めない。
 
若い頃は小説に過ぎないと思っていた。
しかし大人になると、誰にでもあることだとわかった。
男と女が両方に切れる決意がないと、別れられないものだ。

 

女のせりふはリアルで、妙に恐ろしく感じられる。
高峰秀子はちっとも不潔感が無く、それだけが救いだった。
おそらく女が粘着質のタイプなら、怪談になっているだろう。

 

海外とくにヨーロッパで絶賛された映画で、日本映画のベストワンに上げる人は多い。
カヤックスとか、カウリスマキとか、大物監督が信奉している。
この人たちの映画も、そういわれてみて見れば成瀬作品にどこか似ている。