「レニングラードカウボーイズ」で人気のマキ・カウリスマキ監督(フィンランド)、96年作品。
その独特の文体にファンも多い。
イロナはレストランの女給、夫のラウリは市電の運転手。
ローンでカラーテレビをようやく買えた、という貧しい夫婦。
夫はリストラのため、妻はレストランの買収により突然解雇されてしまう。
途方に暮れる二人だったが、夫はロシア行きの長距離バスの運転手に採用される。
喜び勇んで出社する彼だったが、健康診断で異常が発見され、運転免許まで取り上げられてしまう。
プライドの高い夫は切れてしまい、失業保険すらもらおうとしない。
一方、妻も街食堂に職を得るが、その食堂も税務署の調査が入って、潰されてしまう。
妻の未払給与を催促に行った夫は、逆に叩きのめされてしまった。
とうとうテレビまで差し押さえられてしまい、妻は最後の手段として自分でレストランを開くことを計画するが、銀行は無担保で融資してくれない。
夫は自家用車を売って、カジノで一攫千金の勝負に出るが、全額すってしまう。
やることなすこと、みんな駄目。
果たして、この夫婦に明日は来るのか?

ただひたすら、悪いことが重なって、どんどん悲惨な方向に落ちていくのだが、悲壮感が感じられないどころか、滑稽ですらある。
主人公の夫妻は、極力感情の露出を押さえ、淡々とした演技に終始する。
要するにヘタウマ演技だ。
これがカウリスマキ演出なのだが、好きな人は、とことん好きになっちゃうだろう。
筋より、独特な雰囲気を楽しむ映画です。