「嵐を呼ぶ男」は裕次郎がジャズドラムを叩きながら何故かジャズと関係なく「おいらはドラマー」と歌っている落差が記憶に残っているが、実はそのあとも映画は続いていた。

 

北原を愛する金子信雄に唆され、人気ドラマー笈田敏夫は北原の元から独立する。そこで北原は新人ドラマー石原裕次郎を発掘する。裕次郎はメキメキ力を付け、チャーリーとドラム合戦で戦うことになる。
しかしチャーリーの事務所社長安倍徹は舎弟・高品格を使い、裕次郎を襲わせる。ドラム合戦に出てきた裕次郎は片手をケガした状態だったが自慢の歌を歌って観客の大歓声を得る。そのおかげでのちに人気投票一位に輝く。しかしジャズに全く理解のない母の反応は冷たい。寂しさを埋めるため、裕次郎は北原と愛し合う。
弟が作曲家としてデビューすることになった。金子信雄は弟を守りたければ、北原の元から離れろと言う。しかし北原は陰謀を見抜き金子に絶縁を申し渡す。金子は激怒して安倍徹を使い裕次郎を襲わせて、手を潰してしまう。
弟のデビューの日、裕次郎は一人ジャズ喫茶でラジオを聞いていたが、北原らが見つけ迎えに行く。弟のために手を潰したと知った母ともようやく和解する。

 

裕次郎人気を確立した作品。
真ん中のドラム合戦シーンが特徴的だが、それもそのはず、ラストシーンの弟役の青山恭二の指揮ぶりが残念すぎる。確かにこのシーンで指揮の吹替えは無理だが、歴史に残る映画とわかっていたら、きちんと演技指導すべきだった。

しかしジャズバンドが廃れ、演歌バンドになる形は1957年当時既にあったのだな。
ハワイアン・バンドだが、和田弘とマヒナ・スターズも1957年にムード歌謡に転向したそうだ。

 

製作:児井英生
原作、監督:井上梅次
脚本:井上梅次、西島大
音楽:大森盛太郎
撮影:岩佐一泉
配役
石原裕次郎
北原三枝(ジャズバンドのマネージャー、渡辺美佐がモデル)
青山恭二(正一の弟で作曲家)
小夜福子(正一、英次の母)
芦川いづみ(アパートの管理人の娘)
金子信雄(ジャズ評論家)
白木マリ(白木万理)
笈田敏夫(ライバル・チャーリー)
岡田眞澄(美弥子の兄でベイシスト)
安部徹(ライバル社の社長)
高品格

嵐を呼ぶ男 1957 日活

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA