廉価版ディスクを買ったものだから画質は最低だった。

アメリカで成功したプロボクサー、ショーンが子供の頃に育った故郷アイルランドに錦を飾る。やがてミケリーン老人の尽力もあり地元の娘メアリーと相思相愛の仲になるが、メアリーの兄レッドは自分が結婚できないものだから妬ましく思い、二人の仲を割きにかかる。一方、ショーンはアメリカでのトラウマを引きずっていた。

田舎コメディである。描かれているのは異文化の衝突、アイルランド人の結婚に取って母から娘に伝えられる持参金が重要だと言うことだ。それも最後は村民全員を観客にして拳が解決してしまう。

監督 ジョン・フォード(アカデミー監督賞)
音楽 ビクター・ヤング
撮影 ウィントン・C・ホック、アーチー・スタウト(アカデミー賞・カラー撮影賞)

配役

ジョン・ウェイン
モーリン・オハラ
ヴィクター・マクラグレン
バリー・フィッツジェラルド(「我が道を往く」アカデミー助演男優賞)

オハラとフィッツジェラルドはともにアイルランド人である。とくにモーリン・オハラの髪の毛を振り乱して無言で暴れる芝居は印象的。残念ながら2015年10月24日に亡くなった。

静かなる男 1952 Republic

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA