横溝正史=角川映画時代にATGが制作した中尾彬版金田一耕助映画。
血なまぐさく、おどろおどろしいシーンと末娘役高沢順子の愛らしさがコントラストをなしていて、角川映画や松竹の渥美清版「八つ墓村」とは一線を画す。
何故か金田一がジーパンをはいている。時代は原作の戦前ではなく戦後すぐでもなく、現代に置き換えているらしい。
また弟三郎の回想と耕助の推理がまぜこぜになり、誰が推理しているかわかりにくかった。
しかしかえってテレビ版より密室トリックの解明がわかりやすかった気がする。
ただ実際に何度もあのトリックを実現するのは無理だと思う。

監督:高林陽一

配役:
金田一耕助: 中尾彬
一柳賢蔵: 田村高廣
一柳三郎: 新田章
一柳鈴子: 高沢順子
一柳糸子: 東竜子
久保克子: 水原ゆう紀
三本指の男: 常田富士男
磯川警部: 東野孝彦
白木静子: 村松英子

 

本陣殺人事件(劇場版) 1975 ATG

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA