8年ぶりに作られたスパイ・コメディ「ジョニー・イングリッシュ」の続編映画。
メンバーを一新してさらに近代兵器を採り入れているが、Mr.Beanの名人技は昔と変わらない。
いや、時代に適応した分面白くなっている。
映画の最中クスクス笑っているから映画の筋を良く覚えていない。というより元から脈絡のあまりない映画だw。

どうやらジョニーはモザンビーク大統領暗殺事件で解雇され、白髪交じりになりながらチベット僧院で何故か男性自身を鍛え上げていた。
そこへMI7から復帰許可が来て喜び勇んではせ参じたが、肝心のMI7は東芝に買収され、上司のペガサスは男女機会均等法でジリアン・アンダーソンに変わっていた。
今度のペガサスは中国通のジョニーに英中首脳会談での中国首相暗殺計画を阻止しろと命じる。
ジョニーは助手タッカーと香港に向かい、CIAのフィッシャーと会いボルテックスという集団が暗殺に関与していることを知るが、掃除屋に扮した老婆にフィッシャーを暗殺され、首相暗殺に必要な鍵まで奪われる。

ここから筋書きは良く覚えていない。だいたいの話はこうだ。
二人ものボルテックスであるKGBスパイを倒した後、MI7に最後のボルテックスがいるとわかる。
その密通者ドミニク・ウェストにそれを打ち明けたから、自分が密通者に仕立てられてしまい、MI7技術者パッチの作った自走式車いすを駆使してロンドン中を逃げ回る。
そして元ボンド・ガールだったカウンセラーのロザムンド・パイクが匿ってくれる。
そしていよいよスイスでの英中首脳会談が行われ、ジョニーとタッカーのコンビはボンドカーで乗り込む。

今までの007との違いはお色気成分が少ないこと。
しかしクスクス笑いのツボを突いてくるので飽きない。(ゲラゲラとは笑えない)
Mr.Beanのパントマイム的な笑いに飽きてしまった人もこのブラックユーモアはおすすめだ。
また第三作をやって欲しい。

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 2011 英米

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA