2003/10/27(Mon) 22:24
監督 : キング・ヴィダー
製作 : テッド・リッチモンド
原作 : クレーン・ウィルバー
脚本 : ジョージ・ブルース
脚色 : アンソニー・ヴェイラー / ポール・ダッドリー
撮影 : フレディ・ヤング
音楽 : マリオ・ナシンベーネ
キャスト(役名)
ユル・ブリンナー(Solomon)
ジーナ・ロロブリジーダ(Sheba)
ジョージ・サンダース(Adonijah)
マリサ・パバン(Abishag)
デイヴィッド・ファラー(Pharaoh)
軍人アドニアと詩人ソロモンはイスラエル・ダビデ王の息子だ。
ダビデ王が死ぬ間際、後継者にソロモンを指名した。
父の死後、ソロモンの即位を快く思わない、兄アドニアは一度はエルサレムを出る。
だがソロモンに請われ思い直し、軍の司令官に就く。
エジプトのファラオは、強国になったイスラエルを撃たんとするが、シバの女王が止める。
シバの女王はイスラエルが強国になったわけを探らんと、単身イスラエルに乗り込む。
十戒を納める宮殿も建て、盤石のエルサレム。
しかしシバの女王が来てから、何かが壊れ始めていた。
シバの女王に誘惑されるソロモン。
やがて、ソロモン王に対する反乱が起き、兄アドニアを追放する。
これを機にソロモンは、エルサレムにシバの偶像を建てることを認めたが、それが神の怒りに触れ、幼なじみのアビシャグを失ってしまう。
民衆の心は完全にソロモンを離れていった。
そんなとき、エジプトと兄アドニアが大軍を率いて攻めてくる。

旧約聖書の外伝的お話。
紀元前1000年にイスラエルを中東の強国に仕上げた、英雄ソロモン王の恋の物語だ。
映画としては史劇にありがちだが、長くて中だるみがあった。
ユル・ブリンナーはお得意の外人ものだ。
しかし毛が生えているユル・ブリンナーは初めて見た。

ソロモンとシバの女王 Solomon and Sheba 1959 UA

Related posts:


投稿ナビゲーション


ソロモンとシバの女王 Solomon and Sheba 1959 UA” への2件のフィードバック

  1. これはまさに旧有楽座で70ミリで鑑賞。ヘソ出しルックのジーナが大画面でヘタクソなダンスを踊る、大迫力!。でも私は「九月になれば」のジーナの美しさに軍配を。

  2. これはまさに旧有楽座で70ミリで鑑賞。ヘソ出しルックのジーナが大画面でヘタクソなダンスを踊る、大迫力!。でも私は「九月になれば」のジーナの美しさに軍配を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA