この事件の犯人は今更知らない方が珍しいのだが、それでもオールスター映画特有のスターの輝きを堪能させていただいた。
この配役は厳密に言えばかなり脚色されている。
しかしまだ筆が堅かった原作よりもオリエント急行の乗客としてぴったりだと思っている。
 
やはりジャクリーン・ビセットは美しい!
美しすぎる!感動ものだ。
しかし原作ではもう少し出番があったのだが、映画ではあまり出番はなかった。残念無念。
 

音楽も、衣装もさらにオリエント急行が出発するときのセットも楽しめた。
当時は大作時代の名残で、異常なほど金をかけている。
水野晴郎監督の「シベリア超特急」とは偉い違いだ(笑)
 
ローレン・バコールのハバード夫人は、原作を読んでみるとイメージが違うことに気付く。
実に怪演である。
 

バネッサ・レッドグレイプは美しいだけで、演技力を発揮できなかった。
 


 

配役
アルバート・フィニー: エルキュール・ポワロ
ローレン・バコール: ハバード夫人
イングリッド・バーグマン: グレタ・オールセン(アカデミー助演女優賞)
ジャクリーン・ビセット: アンドレニイ伯爵夫人
ショーン・コネリー: アーバスノット大佐
アンソニー・パーキンス: マクイーン氏
ヴァネッサ・レッドグレイプ: メアリ・デベナム
リチャード・ウィドマーク: ラチェット・カセッティ
 
監督シドニー・ルメット

オリエント急行殺人事件 1974 パラマウント

Related posts:


投稿ナビゲーション


オリエント急行殺人事件 1974 パラマウント” への3件のフィードバック

  1. caribeancom.com

    最近、人気絶頂のあのアイドルがあんな事を・・・
    素人ギャルと入り混じって一人の男を弄ぶ!
    最後は生ハメ、中出しでフィニッシュ!!

  2. 菊地凛子の「バベル」は“逆セクハラ”だらけ

    1月23日に発表された「第79回アカデミー賞」で、助演女優賞候補5人の1人にノミネートされた菊地凛子(26)。話題作「バベル」では衝撃シーンの連続。"逆セクハラ"のオンパレードなのだ

  3. 『オリエント急行殺人事件』(1974)

    雪で立ち往生しているオリエント急行の車内で、アメリカ人富豪が殺された。偶然乗り合わせていた名探偵ポワロは、鉄道会社重役である友人の頼みで捜査に乗り出す。容疑者は一等寝台の車掌と乗客たち。しかし彼らには皆アリバイがあった。はたして真犯人は誰か?そしてその動機は・・・?
    アガサ・クリスティーの小説を、ジャクリーン・ビセット、アンソニー・パーキンス、ローレン・バコール、マイケル・ヨーク、イングリット・バーグマン、リチャード・ウィドマーク、ジョン・ギールグッド、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ショーン・コ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA