アガサ・クリスティーの名作ミステリ小説をルネ・クレールの名演出でお送りする。
僕はクラシック探偵映画なら、ハードボイルドであろうが犯人探しであろうが、何でも好きな人間である。
それにしてもこの映画は楽しかった!
演出が牧歌的なのだ。
当時の英米人監督なら、たとえばヒッチコックのようにスリルだサスペンスだとなる。
フランス人ルネ・クレールは妙に暖かな映画にしている。
凄まじい連続殺人事件が起きるというのに(笑)
鍵穴の両方から覗き合うなど隣室同士で互いに疑いあっている様は、大監督が撮っているとは思わせない。実にべたな手法だ(笑)
そういえば、「奥様は魔女」(1942、ルネ・クレール監督、フレデリック・マーチ、ヴェロニカ・レイク主演)もべただった。
最後では、原作と違う大どんでん返しが用意されている。
探偵小説としてこのエンディングはブーイングものだが、映画としてはこんなところだろう。
この流れで原作通りのエンディングというのは、かえって変だ。
しかし一番犯人ではないと思われる人間こそ真犯人だという、探偵映画の鉄則は守っている。
監督
ルネ・クレール(アメリカ時代の最後の作品)
脚本
ダドリー・ニコルズ
出演 
バリー・フィッツジェラルド(前年に「我が道を往く」でアカデミー助演男優賞。他に「裸の町」主演)
ウォルター・ヒューストン(1948年「黄金」でアカデミー助演男優賞。ジョン・ヒューストンの父、アンジェリカ・ヒューストンの祖父。)
ルイス・ヘイワード(のちにテレビで活躍。)
ジューン・デュプレ(「バグダッドの盗賊」1940年版のお姫様。白黒映画になるとイメージが変わる。)

そして誰もいなくなった And There Were None 1945 20cFox

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA