製作:周防正行
監督・脚本:磯村一路
出演:田中麗奈真野きりな、中島朋子、森山良子、白竜
さわやか青春スポーツ映画である。
1976年、進学校に通う悦子(田中麗奈)は目的を持てず、空しさを感じていた。
そんなとき、ボートの楽しさを知った彼女は、学校に女子ボート部を設立する。
チームは初心者ばかりで、まっすぐ進むのも困難だった。
初めての新人戦で、最下位に沈んでしまう。
その試合の屈辱が、彼女らを奮起させる。
元日本選手権優勝コックス(中島朋子)をコーチとして招聘し、琵琶湖の朝日レガッタを目指す。
しかし、悦子の体に突然、異変が起きる。

最終予選の撮影(カメラワーク)は、なかなか素晴らしかった。
田中麗奈が小さい体で、病と闘いながら、歯を食いしばって、漕ぐ姿は心打たれる。
彼女はデビュー作品だったが、映画撮影の最中、どんどん演技力を身に付けていった。
チームメイト役の女の子たちが、子役として名をなした女優達だっただけに、
彼女は主役として重い責任を課せられた。
それにも関わらず、監督のハードな要求にも良く応えたと思う。
チームメートは、かなり上手な若手女優が演じていた。
しかし個々の演技力より、チームとしての演技が素晴らしかった。
とくに真野きりなが好演。