私は二歳 大映東京製作 大映配給 1962 市川崑監督作品

赤ん坊の本音を交えて子育てで右往左往する両親の姿を描く育児映画(家庭映画)。同年

続きを読む

ぼんち 1960 大映京都製作 大映配給 市川崑×市川雷蔵の名作文学トリロジー第二弾

「花のれん」で直木賞を受賞したばかりだった山崎豊子の次回作「ぼんち」を映画化した

続きを読む

黒い十人の女 1961 大映東京製作・大映配給 市川崑監督の傑作映画

和田夏十のオリジナル脚本、監督は市川崑。幻の作品となっていたが、荒涼とした人間描

続きを読む

青春怪談 (市川崑監督)1955 日活 芦川いづみ初出演作品

日活がアクション路線に進む以前の作品。 原作は読売新聞に連載された獅子文六の小説

続きを読む

幸福 (市川崑 監督作品) 1981 フォーライフ+東宝/フジテレビ – 本来はモノクロで撮りたかった

タイトルはもちろん「こうふく」と読む。 市川崑監督は金田一耕助シリーズを一旦終え

続きを読む

ビルマの竪琴 (総集編) 1956 日活 ヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジョ賞第一回受賞作品

市川崑監督、竹山道雄原作、和田夏十脚本、横山実撮影で映画化した反戦童話「ビルマの

続きを読む

野火 1959 大映 —船越英二主演男優賞受賞・陥落直前レイテ島人食い事件

DVDのジャケット写真をパッと見て誰は分からないだろう。この映画の主演・船越英二

続きを読む

八つ墓村 (市川崑監督版) 1996 東宝+フジテレビ+角川 「ミステリー」としての八つ墓村

松竹の野村芳太郎監督版「八つ墓村」から十九年を経て、東宝が「八つ墓村」の映画化に

続きを読む

愛人 1953 東宝

市川崑監督の東宝作品。安保問題とともに次第に社会性を強めていた頃で、ところが東宝

続きを読む

女性に関する十二章 1954 東宝

伊藤整の当時のベストセラー随筆を市川崑が映画化した。女性の新たな結婚観を描いてい

続きを読む

億万長者 1954 青年俳優クラブ/大映

個性派俳優が総出演なのに原爆が爆発するラストシーンを大映が取りやめたため、市川崑

続きを読む

わたしの凡てを 1954 東宝

1953年のミス・ユニバース世界大会第3位に輝き「八頭身美人」と呼ばれ話題になっ

続きを読む