TBSサウンドイン”S”の映画音楽特集を見ていた。ジュディ・オングが歌った「タキシード・ジャンクション」(映画「グレン・ミラー物語」) の後突然、ギターを抱えた男性二人組ユニットSKYが紹介されデビュー曲を歌い始めた。
ギター・デュオといえば当時流行のニューミュージックだが、バックにジャズ・ビッグバンドである高橋達也と東京ユニオンを従えて歌ったのだ。二人ともガチガチで全く場違いの感じがした。

ただし原曲はアレンジが、チャゲ&飛鳥や雅夢、H2Oほど哀愁を帯びたサウンドではなく爽やかで、当時のヤング層に受けていた。

1980年と言えば僕は専らグラマーな河合奈保子か華奢な松田聖子かで悩んでいたから、あまり相手にしなかったがw。
LIVEではないレコードからの録音だが、久しぶりに聞いて下さい。

SKYとしてのピークは、翌年城戸真亜子が出演したカネボウのちょっとバブルっ気が出てきたCMソング「君に、クラクラ」がスマッシュヒットとなり、第十回東京音楽祭世界大会日本代表に選出され外国人審査員団賞を獲得してシルヴィ・ヴァルタンから表彰されたことだろう。
しばたはつみ、岩崎宏美、山下久美子、もんた&ブラザーズが同じく日本代表だったから、カネボウの根回しが大きかったのだろうけれども。(グランプリはノーランズ「セクシー・ミュージック」

Exif_JPEG_PICTURE

その後グループは解散してともにソロ活動し、北沢英三改め八田雅弘おニャン子クラブの曲を提供もしていた。

SKY “Teen’s Blue Age” 1980

Related posts:


投稿ナビゲーション