2002/12/26 Thu   ☆☆☆
監督 ウィリアム・ワイラー
出演 グレゴリー・ペックジーン・シモンズ
キャロル・ベイカーチャールトン・ヘストン
バール・アイブズ、チャック・コナーズ
ウィリアム・ワイラー監督の風変わりな西部劇。
海の男だったマッケー(グレゴリー・ペック)は婚約者のパットを追って、テキサスの牧場までやってきた。
牧童頭テリル(チャールトン・ヘストン)もパットを愛していて、何かとマッケーと衝突する。
この地方は水のトラブルに巻き込まれていた。
テリル党とヘネシー派が激しく、川の水を争っている。
マッケーは鍵を握る女性ジュリー(ジーン・シモンズ)から、水利権を手に入れる。
そのことを知らないヘネシー派が彼女をさらう。
パットに別れを告げ、マッケーはヘネシーの村へ急ぐ。

主人公は目立つのが嫌いのため、誰も見ていないところで何事もやってしまうタイプ。
西部劇じゃ珍しいヒーロー像だ。
それが災いして彼女と分かれる羽目になった。
テーマ音楽は映画音楽としてよく演奏されていて有名だが、
月光の下の殴り合いのシーン(グレゴリー・ペックとチャールトン・ヘストン)には、BGMが付いてない。
それが実に格好良かった。

ただ2時間40分という単調な映画のため途中で眠くなったのも事実。

大いなる西部 1958 UA

投稿ナビゲーション


大いなる西部 1958 UA” への0件のフィードバック

  1. 「ベン・ハー」と「猿の惑星」がないのでここにします。
    5日、チャールトン・ヘストンが亡くなりました。スペクタルと言えばヘストン、また一つの巨星が・・・。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA