久しぶりにポタアンを新規購入した。
九州エレキットの製品だが完成品で販売している。昨年後半の新製品である。
 

先代のTU-HP01が入力段真空管+出力段OPアンプというハイブリッドで真空管やOPアンプを交換して音質を変化させるものだった。
こっちは前段ディスクリート構成のFETアンプで半田ゴテ無しに改造できない。価格は10000円ほどアップ。しかしホワイトノイズはかなり抑えられている。
 
まだ半分ぐらいしかエイジング出来ていないが、音は端正だ。その上ほのかに暖かみを感じさせる辺りは真空管を思わせる。出力側のインピーダンスが低いとボリュームを振り切っても力が出し切れない。16Ω~32Ωのローインピーダンス・ヘッドホンが望ましい。
ジャンルはジャズボーカルや、クラシックがいい。ロックにはお行儀が良すぎだろう。

 

 

エレキット FETヘッドホンアンプ TU-HP02

Related posts:


投稿ナビゲーション