億万長者 1954 青年俳優クラブ/大映

個性派俳優が総出演なのに原爆が爆発するラストシーンを大映が取りやめたため、市川崑

続きを読む

五重塔 1944 大映

幸田露伴の名作小説を戦時中にも関わらず映画化した。 話の筋はご存知の通り、大工の

続きを読む

愛妻物語 1951 大映

新藤兼人の監督としての遅咲きのデビュー作。 新藤監督の脚本家時代の実話を基にして

続きを読む

あの手この手 1952 大映


市川崑が京都伸夫作のラジオドラマ「アコの贈物」を監督・脚色した作品。 森雅之と水

続きを読む

鍵 1959 大映東京

谷崎晩年の名作を発表後3年で映画化。 原作は夫婦それぞれの日記をベースにしたメタ

続きを読む

緑の小筺 1947 大映

監督: 島耕二 原作: 島耕二 脚色: 島耕二 松下東雄 出演 夏川大二郎  (

続きを読む

暁の合唱 1955 大映

香川京子の大映作品。 五社協定ができる前にフリーになったため、香川は映画会社に寄

続きを読む

番町皿屋敷 お菊と播磨 1954 大映

最初は播州皿屋敷ということで室町時代の怪談だったらしいが、全国に流布している。

続きを読む

心に花の咲く日まで 1955 大映・文学座

失業中の親子三人の姿を淡々と描いた作品。 文学座が製作、総出演(63年に劇団雲と

続きを読む

赤線地帯 1956 大映

売春防止法改正直前の赤線地帯(原作では洲崎、映画では吉原)の様子を描いた作品。

続きを読む

無法松の一生 1943 大映

阪妻は現代劇初主演作。 戦中に告白シーンを内務省に検閲されてズタズタにされてしま

続きを読む

妖精は花の匂いがする 1953 大映

大阪や宝塚辺りでロケされていたが,東宝映画でなく大映映画だ。 藤沢恒夫得意の関西

続きを読む

Pin It on Pinterest