クリスマスの定番映画。リバイバルも多し。

 

監督: ジョージ・シートン
製作: ウィリアム・パールバーグ
原作: ヴァレンタイン・デイヴィス
脚本: ジョージ・シートン  アカデミー脚本賞
撮影: チャールズ・クラーク
音楽: アルフレッド・ニューマン

 

 

出演: エドマンド・グウェン アカデミー助演男優賞
モーリン・オハラ
ジョン・ペイン
ナタリー・ウッド  子役
セルマ・リッター

 

ハートウォーミングな傑作映画。笑いあり涙ありだ。
サンタがいるかいないか、最後まで結論をぼやかしているのがイイ。
クリングルってサンタではなく、ただの老人ホームの爺さんという気がする。やはり妄想狂だろう。
しかしそれを法廷で、サンタだと言い張ってしまうことが凄い。

 

何年か前にカラー映画化されて、色が付いてしまった。
どうもカラライズってのは、品がなくっていけない。

 

ジョージ・シートンはアカデミー脚色賞を獲得した。
子役のナタリー・ウッドは面影はあったけど、大して可愛くもなかった。
母親のキャリアウーマン・モーリン・オハラの方が良かった。
それから、この映画は我らがセルマ・リッターがデビュー映画です。

 

 

 

 

34丁目の奇蹟 Miracle on 34th Street 1947 20世紀フォックス

投稿ナビゲーション


34丁目の奇蹟 Miracle on 34th Street 1947 20世紀フォックス” への0件のフィードバック

  1. 34丁目の奇跡で心あたたか

    名作「34丁目の奇蹟」と「34丁目の奇跡」。主人公の白いヒゲの老人・・・クリス・…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA