商標偽造事件に端を発する殺人事件を描いた邦光史郎原作小説「仮面の商標」より、長谷川公之が脚色し弓削太郎が監督したサスペンス映画
主演は宇津井健、藤由紀子
共演は高松英郎、三島雅夫、浜村純。白黒映画。

あらすじ

国際レーヨンの井手は偽造ラベル製品の出所を探って名古屋に出張していたが、何故か大阪に行く列車の中で刺殺された。部長は警察に任せようと言って止めたが、調査課杉野浩治は刺殺犯と偽造商標事件に関係ありと考え、有給休暇をもらって調査を始めた。聞き込みによると、大阪の垣内というブローカーが怪しい。
大阪丼池の繊維問屋街の友人神後に協力を依頼すると、藤兼商事にレーヨン原反の横流しの疑いがかかっていると言う。そこで情報通である田子一孔という男を紹介された。
田子は、杉野の案内役に一人娘雪子を付けた。

杉野は、藤兼商事合繊課長庄司と面会の約束を取り付けるが、夜杉野と雪子にと会うと約束しながら、庄司は会社の車庫の中で痛いとなって発見された。彼は詐欺事件の遺書を遺しており、警察は自殺と発表した。

雪子の案内で杉野は大阪の現金問屋街を歩き、東京に出廻っている偽造品を持込んだ垣内が行きそうなところを聞き出す。昨日のクラブだったが、垣内が踊り子順子と一緒に飲んでいるところを見つけ、その後の行方を尾行した。サカエ営業所という小さな縫製工場が彼の本拠地とつきとめた。
杉野は神戸の印刷工場に当たって偽造ラベルを注文し、製品を受け取ったのは垣内と確信した。杉野は田子が垣内よりもバックにいる大物を憎んでいると感じていた。雪子に尋ねると、小さい頃父は衣料会社をやっていたが、経理部長が金を横領し、そのうえ証拠隠滅を図って会社に火を掛けたと言っていたことを教えてくれた。その際、雪子の母と弟は逃げ延びられなくて死んだのだ。
ところが翌日サカエ営業所は全焼し、垣内は焼死体となって発見された。遺体の確認をしたのは、内縁の妻順子だった。何故かその日から田子の行方もわからなくなった。

休暇が切れた杉野は東京に呼び戻された。一方、雪子は「スーパーエース」と言う羽振りの良い大型スーパーマーケットに、謎を解く鍵があると信じて、寺沢社長秘書として潜り込んだ。寺沢と垣内が異母兄弟であることが、父の残した書類からわかったからだ。寺沢が父の言った巨悪だろうか?

国際レーヨンでも再び偽造品が出たことで、再調査を杉野に命じた。杉野は寺沢が関係会社を買収するにあたり、登記簿謄本を集めているはずだから調べて欲しいと頼む。

ある日、寺沢に垣内らしい男が会いに来る。それをチラッと見た雪子はゾッとしてしまった。垣内は死んでいなかったのだろうか?ではあの焼死体は誰だったのか・・・。
杉野も垣内家の菩提寺に行き、墓の位置を確認した。いずれ警察に依頼して、遺体が誰のものか明らかにさせるつもりだ。ところが帰り道の杉野をナイフで刺そうとする暴漢が現れる。幸い未遂に終わったが、あの逃げる姿は垣内ではないか。
雪子は寺沢が席を外した隙に彼の鞄に秘密の書類が隠されていると思い、中を探そうとする。しかし肝心なところで、寺沢は帰ってきてしまう。
雪子に任せても埒が開かないと知った杉野は、寺沢に直接面会して、何人か殺しただろうと言う。寺沢は流石に動揺を隠せず、杉野を追い出した後で、寺沢は山中湖の別荘に行くので、一緒に来てくれと言い出した・・・。

雑感

この映画が以前の黒シリーズと違うのは、スリルとサスペンスの色合いが強くて、最後は派手なカー・アクションで決着がつくことだ。こういう力尽くしの演技は優男の大映俳優市川雷蔵、田宮二郎、川崎敬三には無理だ。体を張った演技なら、本郷功次郎か新東宝出身の宇津井健じゃないとダメだ。池野成のドキドキさせるBGMは、いかにもサラリーマン・スリラーと言える。
商標法は昭和34年に成立しているが、おそらく商標権を登録しても実質的に国の保護を受けられない時代だったのだろう。商標と書いてトレードマークと読ませるのも、厳格に保護される商標権という意味でなく、自分の力で守るしかないトレードマークだったのだ。
そもそも商標法はいまだに模倣品の取り締まり強化を目的とする改正案が国会で審議されているぐらいだ。日本は疑わしきを罰せずを守りすぎて、日本製品の諸外国による模倣を野放しにしているから、外国製品に先手をとられるのだ。
この作品でも、いかにもアンダーグラウンド出身(要するにヤクザ)の大阪商人寺沢が現れる。偽造商品を作ってどんどん店舗を拡張したと嘯いているが、確かに成長期に参入した輩は色々悪どい犯罪行為を行なって店数を増やしたのだ。

スタッフ

企画  三輪孝仁
原作  邦光史郎
脚色  長谷川公之
監督  弓削太郎
撮影  石田博
音楽  池野成

キャスト

国際レーヨン調査員杉野浩治  宇津井健
田子雪子  藤由紀子
スーパーエース社長寺沢竜一  三島雅夫
ブローカー垣内昭男  高松英郎
踊り子浜中順子  江波杏子
友人の問屋神後  早川雄三
経営コンサルタント田子一孔  浜村純
第二の被害者庄田英一  南方伸夫
長沢部長  伊東光一
山岡課長  武江義雄
第一の被害者・調査主任井手  夏木章
宮田  川島真二
高瀬義夫  谷謙一
高瀬の妻満州子(杉野の姉)  目黒幸子
垣内家菩提寺の和尚  杉森麟

 

ネタばれ

別荘で雪子の直感が当った。寺沢は垣内を使って数々の悪事を働いていたのだ。そして工場内で発見された死体は実は田子だったのだ。真相を知られた寺沢は雪子を殺そうとしたが、一旦は寺沢から逃げ出す。そこに垣内と順子がやって来て、雪子を再度捕まえる。
ところが寺沢と垣内、順子の間で仲間割れが始まり、順子は毒殺され怒った垣内が寺沢を刺殺した。垣内は雪子をトラックに乗せ逃げ出すが、そこに杉野が兄のトラックに乗ってかけつけカーチェイスの結果、垣内は車ごと体当たりして垣内に気を失わせ、その間に雪子を荷台から解放する。一方、気が付いた垣内はアクセルを踏んでしまい、断崖絶壁から海へ落ちて亡くなる。

 

 

 

黒の商標(トレードマーク)1963 大映東京製作 大映配給 黒のシリーズ第五弾

投稿ナビゲーション