●2002/11/12 Tue   ☆☆☆☆
監督エメリック・プレスバーガー、マイケル・パウエル
出演モイラ・シアラー、アントン・ウォルブルック、マリウス・ゴーリング
何度か見ている。アンデルセン童話を基にしたバレエ悲劇。
バレエと家庭の間で翻弄される女性の物語だ。
最後は赤い靴を履いて列車に飛び込む。
評判の色彩は衛星放送になると、さっぱりだった。
しかし、バレエシーンは実に美しい。
劇場でみるバレエは大して面白く感じないが、この映画のバレエはとても楽しい。
モイラ・シアラーは、マーゴット・フォンテーンの後輩らしい。
マーゴットより彼女の方が映画向きのバレエをしているように思えた。

赤い靴 1948 UK

Related posts:


投稿ナビゲーション


赤い靴 1948 UK” への2件のフィードバック

  1. 赤い靴

    The Red ShoesDirected by Emeric Pressburger/Michael Powell, UK (1948)バレエ度:★★★美術度:★★★この映画は1948年の制作なんです。昭和で言うと23年。日本の終戦のたった3年後の映画なんです。なのにオープニング・シーン(若者たちが劇場に駆け込んで席取りをする)を見たとき…

  2. 赤い靴

    The Red ShoesDirected by Emeric Pressburger/Michael Powell, UK (1948)バレエ度:★★★美術度:★★★この映画は1948年の制作なんです。昭和で言うと23年。日本の終戦のたった3年後の映画なんです。なのにオープニング・シーン(若者たちが劇場に駆け込んで席取りをする)を見たとき…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA