2003/10/28(Tue) 23:39
監督 :ルキノ・ヴィスコンティ
製作 : ゴッフレード・ロンバルド
原案 : スーゾ・チェッキ・ダミーコ / ルキノ・ヴィスコンティ /ヴァスコ・プラトリーニ
脚色 : ルキノ・ヴィスコンティ / スーゾ・チェッキ・ダミーコ / パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ /マッシモ・フランシオーサ / エンリコ・メディオーリ
撮影 : ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽 :ニーノ・ロータ
キャスト(役名)
アラン・ドロン(Rocco)
レナート・サルヴァトーリ(Simone)
アニー・ジラルド(Nadia)
カティーナ・パクシー(Rosaria)
ロジェ・アナン(Morini)
パオロ・ストッパ(Manager)
シュジ・ドレール(Luisa)
クラウディア・カルディナーレ(Ginetta)
スピロス・フォカス(Vincenzo)
南イタリアから母は息子四人を引き連れて、ミラノへ降り立った。
長男を頼って移ってきたのだ。
長男は婚約パーティーの真っ最中。
母は父の喪中に晴れやかなことをやるのが気に入らない。
長男はボクサー。他の兄弟は日雇い労働者だ。
しかし練習を見に行った次兄シモーネと三兄ロッコはスカウトされる。
シモーネは他のジムに引き抜かれ、ジム期待の星となる。
シモーネに娼婦ナディアと知り合う。
ナディアは遊びのつもりだったが、シモーヌは入れ込む。
やがてナディアはシモーヌの前から身を隠す。
ロッコが兵役につく。
するとナディアと出会い、気が合ってしまい、愛し合う。
しかしシモーヌの知ることになり、シモーヌはロッコの目の前でナディアを犯す。

ビスコンティの映像美の世界だ。印象に残るカットが多い。
(特に陰影やアップの顔の横に彫像があるシーン)
当時の松竹ヌーベルバーグにも多大な影響を与えていた。
アニー・ジラルド(ナディア役)が印象的。
クローディア・カルディナーレは影が薄かった。意外にアニーの方が格上だったのね。
イタリアの家族主義のすごさは恐れ入る。
日本ではもう1960年ぐらいには核家族化していたろうから、イタリアの方が遅れていた。
特に南イタリアは遅かったみたい。