監督 : クリスチャン・ジャック
脚本 : ルネ・ウェレル / ルネ・ファレ
脚色 : クリスチャン・ジャック / アンリ・ジャンソン / ルネ・ウェレル


配役
ジェラール・フィリップ(Fanfan la Tulipe)
ジーナ・ロロブリジーダ(Adeleine)
ノエル・ロックヴェール(Fier-Bras)
オリヴィエ・ユスノ(Tranche-Montagne)
マルセル・エラン(Louis 15)
ジャン・マルク・テンベール(Lebel)
ジャン・パレデス(Captain de la Houlette)
アンリ・ロラン(The Brigadier-general)
ネリオ・ベルナルディ(La Franchise)
ジュヌヴィエーヴ・パージュ(The Marchioness La Pompadour)
シルヴィ・ペライオ(The Princess Henriette)

 

ルイ15世の時代。ファンファンは徴兵吏の娘アデリーヌに騙されて軍隊に入る。彼は監獄に入ったり王女に愛を告白して死刑判決を得たり、いろいろ騒動を起こすが、最後は敵の本陣を攻略して、王に誉められアデリーヌと結ばれてめでたしめでたし。

 

白黒映画。ジェラール・フィリップのチャンバラはさすが華麗だ。意外なほど身が軽かった。しかし今と違ってお尻は大きかった。
ジーナ・ロロブリジータは美人だと思えない。派手な男性的な顔だが、胸元を開いて見せても色気は感じなかった。グロリア・エステファンと似ている。
一方、ポンパドゥール夫人役のジュヌビエーブ・バージュが綺麗だった。

花咲ける騎士道(1952)フランス

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA