2002/12/21 Sat   ☆☆☆
監督 小津安二郎
出演 笠智衆 岩下志麻 佐田啓二 岡田茉莉子 東野英治郎
父(笠智衆)は妻を早く亡くしてから、娘(岩下)を便利に使いすぎたのではないか?と不安になった。
恩師(東野)の娘が同じような立場で、行かず後家になった様を見てからは、早く娘を嫁に出そうと考える。
ちょうど、娘には好きな人(吉田輝雄)がいた。
早速、息子(佐田)を介して縁談話を持っていく。
しかし吉田には「もう少し早く言ってくれれば気持ちも変わっていたのに。もう結婚相手を決めてしまった」と、断られてしまう。
父親は娘の落ち込む様子を見て、駆り立てられるように、次の縁談を進める・・・
小津監督の遺作
映画構想中に小津監督の母がなくなった。
それを反映してか、笠智衆のラスト・後ろ姿に寂しさが滲む。
さて、岩下志麻が非常に綺麗だ。
気が強そうで、それでいて和服中心で。
それから笠智衆が加東大介とバーに行くシーンも忘れられない。
マダム岸田今日子が印象的。

秋刀魚の味 1962 日本

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA