ソフィア・ローレン、ピーター・セラーズ主演の結婚コメディ。
名監督ビットリオ・デシーカがスパゲッティ屋の親父の役で出演してる。
ピーター・セラーズはインド出身、ロンドンの町医者である。
貧しい人たちに治療を施して、聖人として愛されている。
一方、ソフィア・ローレンは大富豪の忘れ形見で、莫大な遺産を継承した。
そんな大金持ちでわがままなお嬢様ソフィアが、お金のことが大嫌いなピーターを愛してしまったから、さあ大変。
ピーターは逃げ回るのだが、ソフィアは諦めない。
外国の大物を使った割に、脚本がどうしようもなく、失敗した作品。
ちなみに原作は「マイフェアレディ」のバーナード・ショー
脚本は「007カジノロワイヤル」のウルフ・マンコウィッツ
ピーター・セラーズが得意の外国人を演じている。
外人が聞いてもあの訛った英語は、もっともらしく聞こえるのだろう。
それだけが楽しみだな。