ライブドアから再掲示。
清張の作品解説本だ。
最近はこういう本が良く出る。
清張は朝日新聞の広告デザイナーだったというのは、いまではトリビアになるのではないか。
「点と線」や「ゼロの焦点」もよく考えれば、デザイナーならではの題名である。
張込みのところに、清張映画に関して書いてある。
この著者の意見「張込みは映画としても素晴らしい。松竹らしい映画である。」には賛成しない。
「張込み」は小説で十分だ。
映画だと余計なことまで説明しなければならない。
どうせだったら東宝でサスペンス調に作り替えたら、良かったと思う。
著者の清張作品選択は、ずいぶんと偏っている感がある。
もう少し、短編小説を選んで欲しかった。
時代劇は作者自身も好んでいたようだが、清張の時代小説はやや、救いがない。