1930年から1934年まで暴れ回った連続強盗殺人犯ボニーとクライドの話に因んで、マッキンレー・カンターが書いた新聞小説を自ら脚本化してダルトン・トランボ(ミラード・カウフマン名義)が脚色したものをジョセフ・H・ルイス監督が映画化した作品。ボニー&クライドものとしては「暗黒街の弾痕」(ヘンリー・フォンダ主演、1937年)に続く第二弾である。

あらすじ

子供ながらの銃マニアであるばかりに少年院に送られたバートは軍役を終えて故郷に帰って来る。久々に会った親友クライドとデイブに連れられて、カーニバルへ出掛けアニー・ローリーと運命的な出会いを果たす。彼女は射撃スターだったが、バートに射撃競技で敗れる。射撃ショーの主催者パケットは早速バートを採用するが、アニーとバートが出来てしまって駆け落ち結婚する。しばらくは蓄えで暮らしていたが、アニーは豊かな生活に憧れ二人で拳銃強盗を始める。初めは小さな店ばかりを狙っていたが、銀行強盗をやってみて豪奢な生活を楽しみ、その味が忘れられず食品会社の給料強盗をしでかす。その際、アニーが社員と警備員を射殺してしまう。アニーは以前パケットと強盗した折、一人射殺したことがあって前科一犯なのだ。とうとう連邦捜査局が出て来て全米に捜査線が広げられる。パケットが警察に犯人をばらしたため、指名手配になってしまう。
追い詰められたバートとアニーは故郷しか逃げる場所はなかった。姉の家にしばらく厄介になるが、親友クライドとデイブがやって来た。バートとアニーは思わず逃げ出して国立公園に潜入する。そこは子供の頃キャンプをしてよく知った土地だったが、それはクライブとデイブも同じだった。やがて周囲を包囲されてクライブとデイブが代表してバートたちの隠れ場所にやって来る。アニーは怒り狂って撃とうとするが、バートがアニーを射殺する。音に反応して一斉射撃が行われて、バートも倒れる。

雑感

この作品はB級映画にも関わらず、当時「Deadly is the Female」の原題でヒットした。その後、まるでジョン・ドールを主演にして「Gun Crazy」と改題されたそうだ。しかしこの映画の価値がわかるのに、実はもう少し時間が掛かったのだ。

ペギー・カミンズ一人しかヒロインはいなかったため、彼女に情を移せれば面白い映画だ。
しかし彼女は可愛げない憎まれ役に徹して、当時のアメリカ映画に望まれる面白みがなくなった。
ペギー・カミンズはウェールズ生まれのアイルランド人で、ダリル・ザナック(20世紀フォックス)に招かれたが不本意な作品にしか出演できず、この作品を最後に英国に戻った。彼女には、少し時代が早すぎたのだろう。

映画の途中でパケットが元相棒アニーを新聞社に売るところがあったが、ボニー&クライドの物語でもクライドの元相棒レイモンド・ハミルトンが新聞にネタを売ったことがあった。

主演ジョン・ドールは、なかなか良い芝居をしていると思ったが、作品に恵まれず45歳でこの仕事から離れて5年後に亡くなった。

スタッフ

監督 ジョセフ・H・ルイス
製作 フランク・キング 、 モーリス・キング
原作 マッキンレー・カンター 新聞小説「Gun Crazy」の映画化
脚色 マッキンレー・カンター 、 ミラー・カウフマン(ダルトン・トランボ)
撮影 ラッセル・ハーラン
音楽 ヴィクター・ヤング
作詞 ネッド・ワシントン

キャスト

アニー・ローリー  ペギー・カミンズ
バート・テア  ジョン・ドール
アニーの元の相棒パケット(パッキー)  ベリー・クローガー
ウィラウビー判事 モーリス・カーノフスキー
姉ルディ・テア  アナベル・ショウ
友人クライド・ボストン  ハリー・ルイス
友人デイヴ・アリスター ネドリック・ヤング
ボストン保安官  トレヴァー・バーデット
ブルーイ・ブルーイ  スタンリー・プレイガー

拳銃魔 Gun Crazy (Deadly is the Female) 1949 キング・ブラザーズ 製作 ユナイテッド配給 日本アライド・アーチスツ=映配 国内配給

投稿ナビゲーション