日活の大傑作である。
浅丘ルリ子がこんなに綺麗だなんて知らなかった。
監督 : 蔵原惟繕
脚本 : 山田信夫
企画 : 水の江滝子
撮影 : 間宮義雄
音楽 : 黛敏郎
配役:
石原裕次郎(北大作)
浅丘ルリ子 (榊田典子)
芦川いづみ (井川美子)
小池朝雄 (小坂敏夫)
長門裕之 (一郎ちゃん)

「ヒューマニズムを理解できるドライバーを求む」
こんな新聞広告が、テレビの人気者北大作の番組でとりあげられた。
依頼人の美子は医師の敏夫と二年も文通を続けているが、彼のもとへ中古車を届けて欲しいという。
敏夫は九州の片田舎に勤務していて、彼女とは二年も会ってない。
大作は意気に感じて「僕が運びます!」と宣言する。
彼は番組をすっぽかし、中古車を運転しはじめた。
驚いたマネージャー典子は、ジャガーで追った。
典子は馬鹿なことは辞めて、仕事に戻って欲しいと懇願する。
しかし大作の決心は変わらない。

典子は大作と愛し合っていた。
しかし典子は「ある瞬間」がくるまで、体を許さないという約束をかわしていた。

典子は美しいが、なまじ仕事が出来るばかりに、大作との間はさめていった。
一緒にいるのに、触っちゃいけないだとか、キスしちゃダメとか、束縛が強すぎる。
それで大作は逃げ出した。
ほんとうの愛を知るために。

一方、典子は当初テレビクルーを連れ、この道中記をドキュメンタリーにしようと考えたが、
テレビマンが途中で撤収してしまい、失敗した。
やがて典子は仕事を忘れて、純粋に大作を追いかけ始めた。
ジープは九州路へ。
山道で、雨の中ジャガーは谷底に転落するが、典子はあわやのところで大作に助けられる。

村で大作を待っていた敏夫はぎこちない表情だった。
やがて美子もテレビ局に連れられてやってきたが、ぎこちないのだ。

典子は二人に叫ぶ。
「そんなの愛じゃない。」
ついに大作と典子に、「ある瞬間」がやってきたのだ。

日活アクション全盛期に撮った珍しい青春もの。カルト的名作だ。
人気スターがスケジュールに追われる毎日から逃避し、ボロジープではるばる1500キロ。
道中は今なら高速を乗り継いで行くところだが、当時は砂利道もあり、酷かったようだ。
撮影時期が雨期と重なり、道悪の中、浅丘ルリ子も実際にジャガーを運転していた。
耐久車レースでも厳しい道行きだ。
結局、追いかけっこになったから典子は愛を本能的に思い出したのだ。
逆に美子は連れて行ってもらったから、燃えきらない。
理屈じゃないのよ、動物的なものなのよ。

浅丘ルリ子はほんとうはきれいな人だ。
後のがりがりになった姿と全然違う。
前半は下着姿を二度も披露してセクシームードたっぷりだった。
しかし後半は涙涙、嗚咽の連続、そうまでして男についていく姿を熱演している。
そしてルリ子が叫んだ「そんなの愛じゃない。」には感動した。鳥肌が立った。

憎いあンちくしょう 1962 日活

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA