20世紀最大傑作のミステリー小説、国内編第一位。(週刊文春調べ)
刑務所仲間が、大金持ちの老婆を誘拐して、5000万円を要求しようとした。
ところが、それを聞いて老婆は一喝した。
「ワシの値段が5000万円か。馬鹿にするな。100億円や、びた一文まけへん。」
この一言から攻守が入れ替わってしまう。
老婆主体となったチームは、次々と警察の裏をかく。
しかしいったいどうやって、100億円もの現金を受け渡しするのか?
また老婆のほんとうの狙いは何か?
映画を13年前に劇場で見ている。
映画も岡本喜八の傑作だったが、これはその原作だ。
読みやすく、450ページあるが、スイスイ読める。
何より軽いユーモアがある。
誰も死なない。
ちなみにこの小説は推理作家協会賞を取ったが、盗作騒ぎが起きた。
数年前にミヤコ蝶々、森田健作主演で、老婆が誘拐されるが、逆に老婆が誘拐団を懐柔しリーダーに座る話が、映画になっていたのだ。
タイトルは「喜劇・大誘拐」
天童は否定したが、黒に近い灰色だ。
まあどっちにしろ、プロットは似ていてもメインのトリックは変えているのだから、問題にするほどのことは無いと考える。
作者の死後7年経って20世紀の傑作ミステリー第一位に選ばれている。