監督 小津安二郎
脚本 伏見晃
撮影 茂原英雄
出演 斎藤達雄
    菅原秀雄
    突貫小僧(青木富夫)
    吉川満子
郊外に越してきたサラリーマン一家。
2人の腕白兄弟は早速近所の悪ガキと喧嘩する。
引越し前はいちばんつよかった兄ちゃんも、ここでは苦戦だ。
しかし弟が酒屋のアンチャンをうまく利用して、敵を取った。
そんな元気な兄弟は、自分たちの父さんを世界で一番えらい人だと信じていた。
引っ越してきた近所には父さんの会社の重役が、住んでいる。
重役の家で8mm上映会が開催されて、二人も招かれる。
8mmに写る父さんは、上司の前で滑稽なゴマすり男でしかなかった。
家に帰ってから、父さんに毒づく二人。
とうとう父さんも怒って子供たちをぶつ。
でも父さんが一人酒を飲む後ろ姿は悲しそうだった。
翌朝、子供はずいぶんと大人になっていた。
たった一晩で彼らは、他人の立場を思いやる心を身につけた。
しかし父さんとしては、子供たちがわかってくれて、嬉しいような悲しいような複雑な気持ちだった。

この時代には長尺の1時間半映画。
それでも非常に軽妙なタッチですごく躍動感がある。
しかし内容はずっしりと重い。
父親のいたたまれない気持ちが痛いほど伝わる。
子供が主人公だが、子供の見る映画じゃない。
もちろん無声映画。
小津安二郎は子供の演出に関して天才的だ。
1932年時点でチャップリンより進んでいた。
次男坊の突貫小僧をはじめ、長男といい、そのライバルのガキ大将、金持ちの太郎くん、みんな強烈だ。
ハリウッド映画みたいな、わざとらしさは全くない。
世界的に評価されているのも納得だ。