監督George Sidney
製作Fred Kohlma
原作John O’Hara
原作戯曲Richard Rodgers/Lorenz Hart ▲
脚本Donoth Kinsley
撮影Harold Lipstein
指揮Morris W. Stoloff
編曲Nelson Riddle/George Dunning ○

 

Cast:
Rita Hayworth(Vera Simpson)◎
Frank Sinatra(Joey Evance)
Kim Novak(Linda English)○
Barbara Nichols(Gladys)
Bobby Sherwood(Ned Galvin)

芸人ジョーイ・エヴァンス(フランク・シナトラ)はサンフランシスコのクラブで司会者の仕事にありつく。
彼はコーラス・ガールの新人のリンダ(キム・ノヴァク)に興味を持つが、彼女は素っ気ない。
ジョーイは、お金持ちの未亡人ヴェラ・シンプソン(リタ・ヘイワース)の慈善パーティに出演した。
彼女は昔売れっ子のストリッパーで、ジョーイの昔の恋人だった。
若いリンダはジョーイを警戒していたものの、次第に彼の魅力に魅かれ、落ちてしまう。
ジョーイはヴェラともまた、彼女の大邸宅をナイトクラブに改造する計画を、ベッドの中で立てる。
やがてヴェラは、ジョーイの二股を知ってしまい、リンダを首にしなければ、共同経営から下りると息巻く。
ジョーイは、リンダにストリップショーを強要すれば、辞めるだろうと思った。

ネルソン・リドルが音楽をやっていて、それがまた素晴らしい。
“Bewitched “がテーマソングだ。
他にも「マイファニーバレンタイン」(キムが歌っていることになってるが吹き替えかな)が良い。
リタ・ヘイワースが最初に歌うシーンでは、おばさんまだやるかと言う感じだ。
若い頃のこの人をとくに美人だと思ったことはないが、老けてからかえって色っぽく好ましく感じた。
でも最終的にはフランキーも若い方がいいのだな。
佳作だ。