もうすっかり大人になった、星由里子はやはり美人だ。
小美人(ザ・ピーナッツ)もお約束通り、登場。
モスラの母親を日本に連れてきてゴジラと戦わせる。
監督 : 本多猪四郎
製作 : 田中友幸
脚本 : 関沢新一 (後の大作詞家)
撮影 : 小泉一
特撮監督 : 円谷英二
音楽 : 伊福部昭
配役:
宝田明 (酒井市郎)
星由里子 (中西純子)
小泉博 (三浦博士)
藤木悠 (中村二郎)
田島義文(熊山)
小美人 (ザ・ピーナッツ)
謎の卵が海岸に漂着する。
漁民からこれを手に入れた興業主は見せ物にして一儲けを企む。
しかし卵の正体はモスラだった。
INFANT島の小美人が卵を返してくれと訴えるが、強欲な興業主は話を聞き入れない。
突然ゴジラが現れる。
モスラの親が日本にやってきて、ゴジラと戦うが、命尽きる。
しかし卵がふ化した。双子だった。モスラは連係プレーでゴジラを撃退する。

INFANT島の連中が日本相手に原爆実験のことを責めていた。
アメリカのしたことをどうして日本が怒られるのだ?わからん。
星由里子はもちろん綺麗だが、彼女の魅力を存分に楽しむには怪獣映画より若大将シリーズがよい。