「マイ・ベストフレンズ・ウェディング」のPJホーガン監督、オーストラリアでの大ヒット出世作。
結婚願望に取りつかれた女性が成長していく中で巻き起こす騒動をコミカルに描いている。
オーストラリア・アカデミー作品賞、主演女優賞、助演女優賞、最優秀音響賞を獲得した。

ミュリエル(トニ・コレット)は、定職も付かず、だらしないデブでブス。
90年代の今でも、アバの曲をラジカセで聞いているときが、一番落ち着く。
結婚に憧れているが、相手などいるわけがない。
弟も妹も家でゴロゴロするだけの、プータロー。
彼女の父は地方議会の実力者だが、子供達はどれもこれも役立たずばかりと、愚痴をこぼす毎日だ。
ミュリエルは結婚式に招かれたが着ていく服が無く、万引きして捕まる。
また父の銀行口座から金を無断で引き出して、リゾートに遊びに行く。
挙げ句の果てに友人ロンダ(レイチェル・グリフィス)を頼ってシドニーへ。

シドニーで派手なロンダと暮らすうちに、ミュリエルは少しずつ洗練されていく。
彼女はついにデートに誘われて、男性に迫られたりする。
ある日、ロンダが癌に冒されていることがわかる。
ロンダは車椅子生活をやむなくされる。
ミュリエルは相変わらずの結婚願望で、ウェディングドレスを着込んでは、写真を撮ってアルバムに飾る。
南アフリカから亡命した水泳選手が豪州国籍を取得するため、結婚相手を捜しているという記事が新聞に載った。
ミュリエルは応募して見事合格。
愛のない結婚だったが、彼女はこれで良いのだと自分に言い聞かせる。
ロンダは、ミュリエルを見限り、田舎へ帰る。

小中学生の頃、アバの曲を初めて聴いたのは、オーストラリア国営放送の日本語放送だった。
オーストラリアではアメリカや日本より先にブレークしていて、毎週毎週ベストテンのトップを続けていた。
おそらくこの主人公も僕と同じかちょっと下の年齢という設定なのだろう。
主演の二人がアバに扮して歌ったり(笑)全編、アバの曲が延々と掛かっている。
これで豪州アカデミーの音響賞を取っている。

主演のトニコレットはこの映画で、20キロぐらい太って役作りしたそうだ。
この後アメリカに呼ばれて、しばらく苦労していたが、「シックスセンス」に母親役で出演して一気にブレークする勢い。
一方、友人役のレイチェル・グリフィスは、「マイ・ベストフレンズ・ウェディング」で間抜けな従姉妹役をやったり、豪州映画の感動作「エイミー」(カンヌ映画祭ジュニアグランプリ)に主演したり、話題の英国映画「もう一人のジャクリーヌ・デュプレ」でジャクリーヌの姉を演じたりと、性格俳優らしい大活躍を見せている。
世界にオーストラリアの底力を見せつけた映画。
一見の価値あり。