2003/09/14(Sun) 21:44
監督スティーブン・スピルバーグ
原作フィリップ・K・ディック(「ブレードランナー」「トータルリコール」)
トム・クルーズ…. Detective John Anderton
コリン・ファレル…. Detective Danny Witwer
スティーブ・ハリス …. Jad
マックス・フォン・シドー…. Director Lamar Burgess
サマンサ・モートン …. Agatha
キャスリン・モリス …. Lara Anderton
見た目はSFだから、「AI」っぽいが、テーマはスピルバーグらしくない。
組織を守ろうとする仕事人間の刑事が組織に裏切られ、単身復讐する話だ。
アメリカでの評価は高かったが、別に珍しくも何ともない映画だった。
シュワルツネッガーなら、ありそうな作品。
それにしても、マックス・フォン・シドーはでかい。
トム・クルーズが小さいから、気の毒になった。
キャスティングミスだろう。

マイノリティリポート 2001 米国

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA