2003/11/11(Tue) 22:43
監督 ジョン・リッチ
戯曲 マーク・キャメロッティ 、エドワード・アンハルト
配役:
トニー・カーティス …. Bernard Lawrence
ジェリー・ルイス …. Robert Reed
ダニー・サヴァル …. Jacqueline Grieux
クリスチャン・スミットマー …. Lise Bruner
スザンナ・リー …. Vicky Hawkins
セルマ・リッター.… Bertha
ロマックス・スタディ …. Pierre
昔見ていたが、何という映画だったか、長く思い出せなかった。
ところが30年ぶりにサンテレビで見て、感動してしまった。
バーナードは新聞のパリ特派員。
三人のスッチーとつきあっている。
一つのアパートに住んでいるが、互いに時間がかち合わないため、ばれずに済んでいるのだ。
しかし、ボーイング社の新型ジャンボ機就航のおかげで、時間が狂いだして、三人がニアミスを始める。
そんななか、友人のロバートがアパートに転がり込んできた。
ますます、話はこんがらがる。

ジェリー・ルイスとトニー・カーチスの組合せだったか。
なかなか良いコンビだ。
お手伝いさん女優セルマ・リッターの役名がバーサだから、吹き替え版ではバーサンと呼んでいる。
GF役の女優は知らない名前ばかりだが、顔はぼんやり記憶にある。
最後の三人がかち合うシーンは印象的。
よく覚えていた。

ボーイングボーイング Boeing Boeing 1965 Paramount

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA