宇宙からきた捕食者(プレデター)とアメリカ特殊部隊との死闘を描くアクション映画
監督は次作に「ダイハード」を撮ることになるジョン・マクティアナン。脚本はジェームズ・E・トーマス、ジョン・C・トーマス、撮影はドナルド・M・マッカルパイン、音楽はアラン・シルヴェストリ、プレデターのキャラデザはスタン・ウィンストンが担当。
 
出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、「ロッキー」アポロ役のカール・ウェザーズら。

 

 

あらすじ

 
コマンド隊長シェイファー少佐(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、フィリップ将軍(R・G・アームストロング)に呼ばれた。要人を乗せたヘリが、某国で撃墜されたので、シェイファー部隊が彼らを救出せよというのだ。CIA官僚ディロン(カール・ウェザーズ)がお目付役として同行する。
ジャングルでヘリを発見し、さらに奥へ進んだ一行は、内臓をえぐり取られた、6人のブルーベレーの死体を見つける。そしてゲリラの砦を発見し、シェイファーは全滅させた。しかしディロンの様子がおかしい。要人救出というのは嘘で、重要文書を奪うためにディロンが、コマンド隊を利用したのだ。部隊はゲリラで1人生き残ったアンナ(エルピディア・キャリロ)をつれて味方との合流地点へ急いだ。ホーキンスを半透明のプレデターが襲い、内臓を捨てて体だけを持ち去ってしまった。ついで他のメンバーも倒された。迎えのヘリが来る場所へアンナを行かせて、シェイファーはプレデターと対決した。プレデターは、泥まみれになると姿を感知できないことに気づき、シェイファーは多くのトラップを掛けて、プレデターをおびき寄せ、最後は池に落ちて泥が取れてしまい、正体がばれるが、何とプレデターは装甲を外しタイマン勝負を挑んでくる。ついにシェイファーは、一瞬の隙を突いて敵の頭上から重石を落として、プレデターの頭蓋骨を砕き倒した。

 

 

雑感

 
前半プレデターが姿を見せないあたりは、ワクワクが止まらなかった。
しかし後半に姿を現して、シュワちゃんとタイマンを張り始めてから、プレデターがあまりに人間的で拍子抜けしてしまった。
姿が着ぐるみになり、スーツアクターが入ってからのプレデターは変わった。
もちろん、対等に戦える人間と初めて戦えて、素手には素手でぶつかりたかったかもしれないが。

戦法も単純過ぎた。もう一捻り欲しかった。
結局、プレデターの死因は脳挫傷だったのだろうか?
頭蓋骨を集めるのが趣味だったプレデターも最後は標本にされて成仏するだろう。

 
それにしても、あのプレデターは初めて見たときはザラブ星人(ウルトラマン)のようだったが、お面を脱ぐとビラ星人(ウルトラセブン)のようだった。

 

スタッフ・キャスト

 
監督 ジョン・マクティアナン
製作 ローレンス・ゴードン 、 ジョエル・シルヴァー 、 ジョン・デイヴィス
脚本 ジェームズ・E・トーマス 、 ジョン・C・トーマス
撮影 ドナルド・M・マッカルパイン
キャラクター・デザイン スタン・ウィンストン
音楽 アラン・シルヴェストリ
 
配役
シェーファー少佐 アーノルド・シュワルツェネッガー
ディロン   カール・ウィザース
ブレイン  ジェシー・ヴェンチュラ
マック   ビル・デューク
ビリー   ソニー・ランダム
ラミレス  リチャード・チェイヴス
ホーキンス シェーン・ブラック
アンナ   エルピディア・キャリロ
フィリップス将軍  R・G・アームストロング
 

プレデター Predator 1987 ゴードン・シルバー・デイビス製作 20世紀フォックス配給

投稿ナビゲーション