麻薬代金を巡って、シカゴ・マフィアとカンサス・シティ最大の牧場主の争いを描いたアクション映画。

製作はジョー・ワイザンロバート・ディロンの脚本を、ジーン・ポリトが撮影して、マイケル・リッチーが監督した。

主演はリー・マーヴィン
共演はジーン・ハックマン、エンジェル・トンプキンス、グレゴリー・ウォルコット、シシー・スペイセク
日本公開も1972年で、東和が配給した。

ストーリー

カンサス・シティ最大の牧場と精肉工場を持つメリー・アン(♂)は、豪奢な生活をしていた。彼は、シカゴ・ギャングと犬猿の仲なので、麻薬取引の代金50万ドルを踏み倒した。シカゴのボス、ジェイクは殺し屋を送りこんだが、メリー・アンと弟ウィーニーによって殺され、死体は精肉工場で人肉ソーセージに加工されてシカゴに送リ付けられた。

ジェイクは、5万ドルのギャラで殺し屋ニックと運転手シェイを雇い入れ、カンサス・シティに三人の射撃の達人ショーネシー、デラニー、オブライエンと共に送り込む。ニック一行がメリー・アンの牧場に行くと、彼は金持ちを招いて裸の娘たちの即売会を開いていた。ニックはメリー・アンに最後通告し、そばにいた娘ポピーと共に立ち去った。ニックはポピーに適当なドレスを着せるてやる。しかし、下着を買えなかったので、シースルーである。レストランに入ると、周りの男性は好奇な目でポピーの体を見る・・・・・・。

雑感

リー・マーヴィンアクション映画が好きな人にはオススメ。出演者も演技派が多い。しかし、車や重機を潰すだけの低予算映画なので、脚本にこれと言った創意工夫はない。

何故、ジーン・ハックマンの役名がメアリー・アンか分からない。マリオンは男性名だが、それが形を変えたか、祖母の名をミドル・ネームを使っているのか。

シシー・スペイセクは若い頃、美人だと思っていた。例えば、この映画でも化粧はしているが、スタイルも良かった。しかし、「キャリー」の頃からか、性格女優に転向してすっかり化粧も薄くなり、ジョニ・ミッチェル化してしまった。そのおかげでアカデミー主演女優賞を受賞するのだから、本人は納得しているのだろう。

スタッフ

製作  ジョー・ワイザン
監督  マイケル・リッチー
脚本  ロバート・ディロン
撮影  ジーン・ポリト
音楽  ラロ・シフリン

 

キャスト

ニック  リー・マービン
メアリー・アン(カンザスの裕福な畜産業者)  ジーン・ハックマン
クララベル(メアリー・アンの愛人)  エンジェル・トンプキンス
ウィーニー(メアリー・アンの弟)  グレゴリー・ウォルコット
ポピー(売られた娘)  シシー・スペイセク
バイオレット(ポピーの妹分)  ジャネット・ボールドウィン
シェイ(運転手)  ウィリアム・モーリー 
デラニー(ジェイクの部下)  クリント・エリスン 
ショネッシー(ジェイクの部下)  ハワード・プラット
オブライエン(ジェイクの部下)  レス・ラノン
ジェイク(シカゴ・マフィア)  エディ・イーガン

 

***

ニックは、農業祭の日にメリー・アンから集金する約束をしていた。当日、メリー・アンはニックにケースを渡すが、中を開けると、牛のホルモンが出てくる。メリー・アンの手下たちが、ニックとポピーに襲いかかった。ニックとポピーは、広大な麦畑に逃げ込む。ニックとポピーは、大型コンバイン車に襲われる。巨大な刃が二人を切り裂こうとした時、味方3人が自動車でかけつけた。車を麦刈り機に突っ込ませて、コンバインの運転手を射殺した。コンバインは、自動車を粉砕して停まった。

ホテルに戻ると、仲間が殺されポピーが誘拐される。ニックは、シェイらとメリー・アンの自宅にトラックごと突っ込んだ。メリー・アンの子分たちを、広大なひまわり畑で次々に射殺した。しかし仲間も倒れる。ニックは、単独でメリー・アン兄弟と対決した。彼らの背後に回ったニックは、メリー・アンも二階から撃ち落とし、ウィーニーも射殺する。ニックはポピーを抱き起こすと、ポピーのように未来の売春婦として育成されている子供たちを救ってシカゴに帰る。

ブラック・エース Prime Cut (1972) 米シネマ・センター製作 ナショナル・ゼネラル映画配給

投稿ナビゲーション