パル(Pal)は男女混合のコーラスバンド。初代パルの時代は男性三人のバンドだったが、初代リーダーの尾関裕司(後に音楽プロデューサー)が抜けた後、2代目リーダー新井正人が加入して、さらに女性ボーカル渡辺香代を参加させて音に幅を持たせた。

 

EP盤「夜明けのマイウェイ/ラジコン・ブルース」は当時放送していたドラマ「ちょっとマイウェイ」の主題歌としてヒットして、各種音楽番組に引っ張りだこになった。A面「夜明けのマイウェイ」が渡辺香代のボーカル曲で、「ラジコン・ブルース」の方が新井正人のボーカル曲だった。プロデューサーは亡くなった荒木一郎。同曲をフィーチャーしたサウンドトラック・アルバム「カリフォルニア・グレープフルーツ・フレッシュ・オレンジジュース」も題名通りのAORな雰囲気が好まれヒットしている。今は中古LPでもMEG-CDでも手に入る。

 

パルは音楽性の違いか荒木一郎の許を離れ(その時は揉めたそうだ)、再出発したが、82年に解散したそうだ。

新井正人はその後もアニメ「機動戦士ZZガンダム」の主題歌を歌ったり、ブランニュー・オメガトライブ(カルロストシキの後の3代目オメガとライブ)のリードボーカルに就任した。

「ちょっとマイウェイ」は1979年10月から翌年3月まで、2クールに渡って日本テレビ系「グランド劇場」(土曜21時)で放送された連続ホームドラマ。末娘が新チーフ・シェフと代官山のレストランの再建に取り組む話だ。
メイン脚本家は鎌田敏夫、音楽は荒木一郎、イラストは倉多江美
出演:
* 浅井なつみ(三女でレストランの実質経営者):桃井かおり
* カツ子(ウェイトレス):研ナオコ
* 堀田(こぶ付きの新入りチーフ・シェフ):緒形拳
* 浅井朋子(出戻り長女):八千草薫
* 大石伸江(合理主義者の次女):結城美栄子
* 定夫(次女の夫・浅井家同居):犬塚弘
* 大石満(定夫の末弟で金融機関勤務):神田正輝
* 米沢誠(同僚シェフ):秋野太作
* 幼馴染ケツニ:峰竜太
桃井かおりと研ナオコの掛け合いがいつも面白かった。
このドラマは見なけりゃ損だ。
パル 「夜明けのマイウェイ」 1979年放送 桃井かおり主演ハートフル・コメディ「ちょっとマイウェイ」主題歌

投稿ナビゲーション