2003/10/30(Thu) 22:42
製作総指揮:
井関惺
ボブ・ワインスタイン
ハーベイ・ワインスタイン
監督:ウェイン・ワン
脚本:ポール・オースター
撮影:アダム・ホランダー
音楽:レイチェル・ポートマン
出演:
ハーヴェイ・カイテル
フォレスト・ウィテカー
ストッカード・チャニング
ウィリアム・ハート
ハロルド・ペリノー
アシュレイ・ジャッド
メリー・ワード
ジャレッド・ハリス
1990年ニューヨークの下町。
オーギーはタバコ屋、ポールは近所に住む小説家。
オーギーはポールにある秘密を打ち明ける。
10年以上も店外の同じ場所を写真に撮り続けているのだ。
その写真を見ていたポールの手が止まる。
今は亡き妻の急ぐ姿がそこにあった。
話は変わって、ポールはラシードと名乗る黒人少年と知り合いになった。
ラシードは強盗団から金を盗んだために追われていた。
やがてラシードは、オーギーの店で働くことになる。
ラシードは、オーギーがキューバからはるばる密輸した葉巻を、水浸しにしてしまう。
ラシードは強盗団から盗んだ5000ドルでオーギーに弁償する。
ところがその夜、ポールが一人で部屋にいるところを、強盗団が襲う。

そして最後のエピソードが生かすのだ。
製作が日本人(JTの関係者だろうか?)で、監督が香港人、
脚本がアメリカ現代文学の巨匠・ポール・オースターである。
ベルリン映画祭金獅子賞を獲った。
なんとなくヨーロッパで受けそうだ。
NY映画のスピードとか、バイオレンスとかが皆無なのだ。
ウイリアム・ハートの演技にやや疑問もあるんだけど、
最後のハーベイ・カイテルの笑顔を見るだけの値打ちはある。
アシュレイ・ジャッドがオーギーの娘役で出ているが、気が付かなかった。