1968年、以前は華やかだったが、いまや共産主義下で廃れてしまったホテルのオーナー・ムスタファの奇想天外な思い出話を作家が聞かされている。
1932年に遡る。グランド・ブダペスト・ホテルにベルボーイとして就職を果たした少年は、コンシェルジェのグスタヴからゼロと呼ばれて目を掛けられる。
グスタヴは年老いたマダムDとの情事に耽り、セルジュもパティシエ見習いのアガサと恋に落ちる。
ある日、セルジュが新聞を買いに行くとグスタヴが懇意にしている伯爵夫人マダムDが急死したことを知る。グスタヴは夫人の屋敷へ急ぐが、息子ドミトリとの間でトラブルを起こし、遺された名画を持ち帰りホテルに隠してしまう。その際、ゼロを丸め込むため、全財産の遺贈契約を結ぶ。
今度はグスタヴが警察から夫人殺害の容疑で逮捕される。ドミトリの画策だった。収容所に打ち込まれるが、ゼロの手引きで脱出計画を成功させる。しかしドミトリがグスタヴを追い詰めて、ついにグランド・ブダペスト・ホテルで名画を巡って銃撃戦が起きる。その間に隠していた絵を持ち出そうとすると絵の裏から第二の遺言状が出てきて、グスタヴが本当の相続人と認定された。
その後、グスタヴはホテルを買い取って悠々自適の生活を送り、セルジュはコンシェルジュに出世したが、戦争でグスタヴは銃殺され、遺言により全財産の遺贈を受けたゼロ・ムスタファは、いくつもの会社を所有する大実業家となった。

 

 

犯罪性はあるが、コメディが主体の映画だ。クライム・コメディーと分類すべき作品だろう。
まずグランド・ブダペスト・ホテルの建物の美しいピンク色が目を引く。美術スタッフが優秀だ。俳優を見ると時代がかった金のかかっている衣装が目立つ。
それから演技に入ると、奇抜なカメラの構図が目が行く。

 

 

ウェス・アンダーソンの作風は「ダージリン急行」からほとんど変わっていない。だから、この手の映画が合っているとは思わない。
この人の描く動線は縦方向と横方向だけ。非常に小気味良いが、飽きも来る。例えばある評論家はE.ルビッチとF.ラングを合わせたような作品と称えたが、ルビッチにしてはあの粋な会話は皆無。せいぜい詩の朗読ぐらいだ。ラングにしても縦横の動きだけであのスリルを味わうことはできない。

 

 

 

それでも過去のウェス・アンダーソン作品を見ていない人にはオススメ。

 

 

スタッフ

監督 ウェス・アンダーソン
製作総指揮 モーリー・クーパー
脚本 ウェス・アンダーソン
衣裳デザイン ミレーナ・カノネロ
音楽スーパーバイザー ランドール・ポスター
音楽 アレクサンドル・デスプラ
編集 バーニー・ピリング
プロダクション・デザイン アダム・ストックハウゼン
撮影監督 ロバート・イェーマン
発案 ウェス・アンダーソン 、 ヒューゴ・ギネス

 

キャスト
レイフ・ファインズ
F・マーレイ・エイブラハム
マチュー・アマルリック
エイドリアン・ブロディ
ウィレム・デフォー
ジェフ・ゴールドブラム
ハーヴェイ・カイテル
ビル・マーレイ
ジュード・ロウ
エドワード・ノートン
シアーシャ・ローナ
トニー・レヴォロリ(若き日のゼロ)

グランド・ブダペスト・ホテル 2014 ドイツ・英国 ベルリン映画祭審査員グランプリ受賞

投稿ナビゲーション