ロジャース&ハマーシュタインの人気ミュージカル(初演の主演はエセル・マーマン)を映画化した。
当初の主役はジュディ・ガーランドだったが、薬物中毒で精神状態が不安定だったため、急遽代役としてベティ・ハットンを立てた。

アカデミー賞のミュージカル音楽作曲賞(アドルフ・ドイッチュ、ロジャー・イーデンス)を受賞している。

 

 

Synopsis:

田舎娘アニーが、拳銃捌きや駅馬車襲撃などを実演するバッファロー・ビル一座に拾われた。
彼女は一座の二枚目フランクを一目見て、ぞっこんになってしまう。
次第に彼女の銃捌きは人気を集めて、フランクを押しのけて、一座のナンバーワンにのし上がる。
そんな彼女にフランクはプライドを傷つけられ、一座を飛び出してしまう。
アニーがヨーロッパ公演から帰国してから、ふたりは再会する。
意地を張り合っていたアニーも、射撃競争で勝ちをフランクにゆずり、ようやく仲直りをする。

 

 

Impression:

 

ハワード・キールベティ・ハットンのラヴコメディ・ミュージカル。
ベティ・ハットンの体当たり演技は、急場しのぎにしては良かった。
ミュージカル界の女王ジュディ・ガーランドのために作られたミュージカルだったが、彼女は降りたので、彼女はいっそうファイトを燃やしたのだろう。アーヴィング・バーリンアドルフ・ドイチュの音楽も、ジュディ・ガーランドを想定していたから文句なしに良い。

ただし、映画の主演ベティ・ハットンと舞台の主演エセル・マーマンの間でトラブルがあって、次第にベティ・ハットンはテレビに活動の場をシフトしていったのは残念。

なおサイド・ストーリーは大したことがない。話に厚みを与えることはできず、後半は冗長感があった。

 

ちなみに桜田淳子もこの舞台で芸術祭賞を取るほど、当たり狂言にしていた。

 

 

Staff/Cast:

 

監督 ジョージ・シドニー、チャールズ・ウォルターズ(uncredited)
製作 アーサー・フリード
原作 ハーバート・フィールズ 、 ドロシー・フィールズ
原作舞台プロデュース   リチャード・ロジャース 、 オスカー・ハマースタイン2世
原作戯曲 リチャード・ロジャース 、 オスカー・ハマースタイン2世
脚色 シドニー・シェルダン
撮影 チャールズ・ロシャー
特殊効果 A・アーノルド・ガレスピー 、 ウォーレン・ニューカム
音楽 アーヴィング・バーリン
音楽監督 アドルフ・ドイッチュ
作詞 アーヴィング・バーリン

 

出演
 ベティ・ハットン アニー
 ハワード・キール フランク
ルイス・カルハーン バッファロービル
エドワード・アーノルド ポーニー・ビル
キーナン・ウィン チャーリー・ダベンポート
J・キャロル・ナイシュ シッティング・ブル
クリントン・サンドバーグ フォスター・ウィルソン

 

アニーよ銃をとれ (Annie Get Your Gun) 1950 MGM 人気ミュージカルでジュディ・ガーランドが急遽降板!

投稿ナビゲーション