黒岩重吾の原作小説「女の小箱」より、高岩肇、野上龍雄が共同で脚色し増村保造が監督した、会社乗っ取り劇に関わるメロドラマ
主演は田宮二郎若尾文子、共演は川崎敬三、岸田今日子。カラー映画。

あらすじ

バーの経営者石塚健一郎は、証券会社出身である。愛人である洋子を銀行頭取に抱かせて資金を融通してもらい敷島化工の乗取りを企てる。
敷島化工の株式課長川代誠造は、株の買占めに悩まされ、その防衛に必死で妻那美子のことを構ってられない。

那美子は、友人津村に誘われるまま、バー「2・3」で遊ぶようになった。その店は、偶然にも石塚の店だった。石塚は、郡美子を川代の妻と知って興味を持って近付いた。
一方誠造も石塚の情報を得るため秘書エミと関係していた。

石塚は、誠造とエミが関係していることを知り、那美子にばらす。那美子がエミの部屋に行き、誠造がそこに寝ているのを見る。
その直後、エミは何者かに殺された。警察は誠造と石塚を重要参考人と考えて呼び出す。那美子は、夫を裏切り石塚のアリバイを証言した。警察は誠造が犯人ではないかと推理する。
石塚は敷島化工大株主の大曽根に取り入り、自分の持株と合わせて過半数に至る株式を持つことに成功する。

しかし石塚の部下吉野がエミ殺しの犯人だった。石塚は吉野を自首させる。
疑いは解けたが社会的信用を失った誠造は、那美子に石塚と一晩寝たうえで株の買占めから手を引かせろと石塚の元に送り込む。しかし石塚は、誠造が那美子と離婚してくれるのなら、持株全部を売ると約束し、一晩ともにしたうえ、那美子に指輪を贈りプロポーズする・・・。

雑感

この作品は、映画「黒い試走車」のような「サラリーマン・スリラー」を目指して製作されたが、出来上がったのは純愛ものになってしまった。

社会の底辺からのし上がろうと野望をもった石塚が、様々なものを犠牲にして、最後に行き着いたところは那美子との愛情だった。
1964年のプログラムピクチャーなのだが、田宮二郎若尾文子の好演を引き出して意外な佳作になってしまった。
流石に、増村保造監督である。

でも一番の汚れ役を引き受けさせられたのは、洋子役の岸田今日子だ。彼女が最も長い間、石塚と腐れ縁を続けていて、しかも金を借りるために男に抱かれて、やっと好きな男と一緒になれると思ったら、別れ話をされたのだ。それは殺したくもなる。

スタッフ

企画  塚口一雄、三熊将暉
原作  黒岩重吾
脚色  高岩肇、野上龍雄
監督  増村保造
撮影  秋野友宏
音楽  山内正

 

キャスト

石塚健一郎  田宮二郎
川代那美子  若尾文子
川代誠造(那美子の夫、敷島化工株式課長)  川崎敬三
西条洋子(石塚の愛人)  岸田今日子
青山エミ(誠造の愛人)  江波杏子
吉野元男(石塚の部下)  千波丈太郎
津村光枝(女医、那美子の友人)  町田博子
大曽根大作(大株主)  小沢栄太郎

 

ネタばれ

石塚は株を敷島化工に売却した代金を、洋子の部屋で手切れ金として渡し、那美子と新しい生活に進もうとした。しかし洋子は、利用するだけ利用した石塚を刺した。石塚も抵抗し洋子を絞め殺すが、出血多量に陥る。石塚は、那美子に電話を掛けて居場所を伝える。那美子が洋子の部屋に着いたときは、石塚は虫の息で、那美子と口づけした途端に冷たくなった。

 

 

「女の小箱」より 夫が見た 1964 大映東京製作 大映配給 増村保造監督の佳作

投稿ナビゲーション