監督 : ジャン・ジャック・ベネックス
製作 : イレーヌ・シルベルマン
原作 : デラコルタ
脚色 : ジャン・ジャック・ベネックス / ジャン・ヴァン・アム
撮影 : フィリップ・ルスロ
音楽 : ウラジミール・コスマ
キャスト(役名)
ウィルヘルメニア・ウィギンズ・フェルナンデス(Cynthia Hawkins)
フレデリック・アンドレイ(Jules)
リシャール・ボーランジェ(Gorodish)
チュイ・アン・ルウ(Alba)
ジャック・ファブリ
オーディオ録音が事件に絡むという珍しい作品。
ジャン・ジャック・ベネックス監督の処女作である。
娼婦が組織を逃げようとして殺される。
彼女は僅かな隙をついて、郵便配達の自転車に秘密のテープを隠していた。
その郵便配達ジュールがオペラ歌手シンシアの海賊版マニアだったから、話はこんがらがる。
やがて組織からも警察からも追われるジュール。
一体自分は何故追われているのか、分からない。
彼はレコード屋で知り合ったアルバとその彼氏コロディッシュに助けられ、真相に近づく。

まあデビュー作としては及第点。
オペラがらみの映画と言うことで、フランス映画らしい、おしゃれな映画。
でももう一押しほしかった。