7年間に73件あった宝石泥棒事件をメグレは忍耐強く捜査していた。一味のボスはギャングのパルマリと確信しているが、しっぽがつかめない。だが、引退表明をして愛人アリーヌと暮らすパルマリが自分の銃で撃たれ殺された。アリーヌはアパルトマンとレストランを1週間前に売却しており、メグ・・・(番組HP)

あらすじは凄いところで文章を切っているが、ドラマ自体は地道にコツコツ聞き込み中心でかなり楽しめた。
フランスもののメグレ警部はジョルジュ・シムノンの原作も含めて筆者に全く合わないが、イギリスものは推理小説の常道に従っているため見やすくなっている。推理ドラマもお国柄によるのだ。
 
初回のゲスト出演者には美人女優のシェリル・キャンベルアリーヌ役で出ている。当時は、ジョーン・ヒクソンが演じた初代「ミス・マープル」での「牧師館の殺人」のグリゼルダ役や「シャーロック・ホームズ」のレディ・フランシス役として出演していたテレビ女優だ。現在も活躍しているそうだ。