バブリー作家江國香織原作の小説を、ジャニーズV6の岡田准一と嵐の松本潤が高校時代の友人となり、それぞれ黒木瞳寺島しのぶ演ずる年上の主婦と愛し合って泥沼に沈む映画。2005年はITバブルが崩壊した頃だ。我々バブル世代は一生バブリーにしか生きられず最後は破滅するしかないことを思い知らされる。

岡田は、夫との関係が冷めきった人妻(黒木瞳)と長い間、浮気をしている。一方、松潤は欲求不満がたまっていた人妻(寺島しのぶ)に惹かれて浮気をしてしまう。どちらも互いの生活に干渉する気はなかった。しかし岡田の母(余貴美子)に二人の関係がバレて大事になる。松潤の方は一度は寺島と別れたのに、未練から花束を贈ったりするから、金持ちの親から買ってもらった高級車をぶつけられて後味が悪い。(でもあれはおそらく警察沙汰になる)岡田准一は黒木と一旦別れてパリに留学するが、黒木は夫と別れて全てを捨てて岡田のもとに走る。(昔だったらこういう乙女チックな空想小説も許されたが、00年代では無理がありすぎて草生えるw)

どうして閨秀作家(江國香織)は、嫌な女ばかり描くのだろう。林真理子も一時期そんな状態のことがあった。
最後の岡田くんは早まったことをしたなあw。黒木瞳が亭主と別れるのはわかるが、あの年齢で男にすがるか。普通はマザコンの男の方が年上の女にすがるものではないか。
寺島しのぶは怖い女の象徴。感情だけで生きている。そのうち何かをやらかすタイプだ。

 

ジャニーズも大人の女性マーケットを開拓したいからと言って、もう少し題材を選ぶべきだ。
松本潤はドラマ「バンビーノ」を見た時は好きな俳優だったが、この映画の演技は9年後のドラマ「失恋ショコラティエ」と通ずるものがあった。