豪華なメンバーを揃えた中で、芦川いづみの清純な魅力が爆発している作品。
まさにこの映画がピークだった。
翌62年には清純派の座を吉永小百合に奪われ、演技派の座を浅丘ルリ子に奪われる。

 
石原裕次郎はスキー事故から復帰後の第一作であった。

 

石原裕次郎は自由奔放な家庭に育ち、ショートカットの締まり屋芦川いづみは真面目な家庭に育ち、お互いの育った環境の違いに戸惑いながら、しだいに心を通わせていく。

親友の小沢昭一笹森礼子の結婚式に出る。
今ならその後は二次会で合コンなのだが、当時の学生は国会議事堂前の60年安保反対運動に参加していた。
今どきの学生の情けないことよ。多国籍軍参加に反対するデモ一つしない。

 

高田敏江が女性陣では目立っていた。昔から良妻賢母を絵に描いたような人だった。
笹森礼子は出番が少なかったが、浅丘ルリ子似の美人である。
中原早苗渡辺美佐子も本来主役級だが、裕次郎映画では脇を固めている。
石原裕次郎の両親は、宮口精二がガリガリ、轟夕起子はブクブクだ。
二人とも役作りしたのだろう。どちらも単純なようで複雑な役である。
芦川家は、妹がセーラー服姿の吉永小百合ちゃんだ。

もう一人忘れてはならない。
芦川いづみのおばあちゃんを演じた大女優細川ちか子だ。
大女優さんも日活青春路線では、甲高い声を作ってコミカルなおばあちゃん役を演じている。

主題歌は作詞谷川俊太郎石原裕次郎が歌っている。
のちの日本テレビ青春ドラマ主題歌を彷彿とさせる作品だ。
監督 中平康
脚本 池田一朗 中平康
原作 石坂洋次郎
主題歌作詞 谷川俊太郎
配役
石原裕次郎 (主人公黒川三郎)
芦川いづみ (恋人、浅田けい子)◎
宮口精二 (主人公の父、黒川甲吉)
轟夕起子 (主人公の母、モトコ・桜井)
小沢昭一 (主人公の親友、金沢正太)
伊藤孝雄 (主人公の学友、日高健伍)
中原早苗 (けい子の親友、野溝あさ子)
高田敏江 (けい子の親友、磯村由里子)○
吉行和子 (けい子の学友、元村貞子)
笹森礼子 (けい子の学友、加山さと子)▲
清水将夫 (けい子の父、浅田金吾)
高野由美 (けい子の母、浅田まさ子)
吉永小百合 (けい子の妹、浅田ゆみ子)
細川ちか子 (けい子のおばあちゃん)
滝沢修 (謎のホテル王、阿川正男)