大正年間、鶴次郎(長谷川一夫)は新内の太夫、鶴八(山田五十鈴)は三味線の名コンビ。
鶴次郎は鶴八に惚れていたが、鶴八は鶴次郎の師匠の娘とあって、鶴次郎が注意しても決して折れることはない。
そういう彼女の気の強さに二の足を踏んでいた。
それでもとうとうある温泉宿で鶴次郎は気持ちを打ち明け、一緒になって二人で寄席を買おうと話し合う。
鶴八は亡き母の遺産だといって、金を工面するが、その金は実は旦那からのものだった。
そのことを知って、鶴次郎はぶち切れてしまう。
コンビは解消になり、鶴八は旦那の正妻に迎えられる。
しかし2年後、鶴八鶴次郎の復活を求める声が大きくなる。
まあ、鶴次郎が鶴八に惚れたけれども、結局手に負えないじゃじゃ馬だったので、あきらめたということだろう。
出だしは脚本がしょぼくてどうなることかと思ったが、三島雅夫が登場した当たりから、大人の芝居になってきた。
山田五十鈴は、やはり凄い人だ。
当時の大スター長谷川一夫とクレジット順位が変らないのだもの。
それに当時は美人だった。
それから忘れてはならない二人。
PCL映画の華・大川平八郎清川玉枝が出ていた。
個性的な演技を楽しませる。
配役:
鶴次郎   長谷川一夫(太夫)
鶴八   山田五十鈴(三味線)
佐平   藤原釜足(マネジャー)
松崎   大川平八郎(旦那)
竹野   三島雅夫(興業主)
監督  成瀬巳喜男
脚本   成瀬巳喜男
原作   川口松太郎
撮影 伊藤武夫

鶴八鶴次郎 1938 東宝東京

投稿ナビゲーション


鶴八鶴次郎 1938 東宝東京” への2件のフィードバック

  1. 「鶴八鶴次郎」〜・・・・・泣けます!

    1938年(昭和13年)日本監督・脚本/成瀬巳喜男原作/川口松太郎出演/長谷川一夫 山田五十鈴 藤原鎌足   大川平八郎 三島雅夫男の太夫、女の三味線という鶴八(山田五十鈴)鶴次郎(長谷川一夫)は、人気絶頂の新内だった。幼い頃から十数年兄妹同様に育ってきた二……

  2. 「鶴八鶴次郎」〜・・・・・泣けます!

    1938年(昭和13年)日本監督・脚本/成瀬巳喜男原作/川口松太郎出演/長谷川一夫 山田五十鈴 藤原鎌足   大川平八郎 三島雅夫男の太夫、女の三味線という鶴八(山田五十鈴)鶴次郎(長谷川一夫)は、人気絶頂の新内だった。幼い頃から十数年兄妹同様に育ってきた二……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA