2003/11/05(Wed) 23:19
監督 : 衣笠貞之助
製作 : 永田雅一
原作 : 吉川英治
脚色 : 衣笠貞之助 / 犬塚稔
撮影 : 杉山公平
音楽 : 斎藤一郎
キャスト(役名)
長谷川一夫 (法月弦之亟)
市川雷蔵 (戌亥竜太郎)
山本富士子 (猪谷よね)
淡島千景 (見返りお綱)
林成年 (若党森平(猪谷家の若党))
中村伸郎(阿波守重喜(徳島城城主))
清水将夫 (竹屋三位有位(公卿))
松本克平 (関屋孫兵衛(徳島藩山奉行))
信欣三 (酒井三右衛門(徳島藩江戸詰藩士))
滝沢修 (脇伊豆(徳島藩家老))
ご存じ吉川英治の鳴門秘帖だ。
阿波藩がクーデターを起こす恐れ有りと言うことで、幕府は法月弦之亟を派遣する。
実は世阿弥と言うスパイが先に潜入していたが、連絡が途絶えたのだ。
世阿彌の娘・お綱、さらに法月を仇とつけねらう、よね、さらに天涯孤独な剣士・戌亥竜太郎を交えて、鳴門藩を巡る謎は一層深まる。
田村正和のNHKドラマが有名だが、この衣笠演出も面白い。
とくに市川雷蔵が脇だから、何でもできる。
他にも滝沢修とか、色々出てくる。
中村伸郎の馬鹿殿ぶりはよかったのだが、吹き替えで能を舞うのが気になった。
しかし、何故阿波藩がクーデターなんて無茶を起こす気になったのだろう。

鳴門秘帖 1957 大映

Related posts:


投稿ナビゲーション


鳴門秘帖 1957 大映” への2件のフィードバック

  1. 鳴門秘帖

    カメラ:PENTAX MZ-3 フィルム:AGFA color ULTRA100 撮影場所:新横浜ラーメン博物館 ラーメン博物館にはこんな看板がたくさんあり…

  2. 鳴門秘帖

    カメラ:PENTAX MZ-3 フィルム:AGFA color ULTRA100 撮影場所:新横浜ラーメン博物館 ラーメン博物館にはこんな看板がたくさんあり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA