2003/11/03(Mon) 23:44
監督:トラン・アン・ユン
製作:アデリーヌ・ルカリエ
脚本:トラン・アン・ユン
出演:リュ・マン・サン
   トラン・ヌー・イェン・ケー
   トゥロン・シー・ロク
   グエン・アン・ホア
   ボン・ホア・ホイ
ムイは金持ちのお宅に奉公に出る。
やさしい奥さんや先輩のお手伝いさんに囲まれ、楽しい毎日だ。
しかし奉公先の影の部分を少しずつ垣間見ることになる。
10年がたった。
奉公先の長男に嫁が来て、ムイは暇を出される。
ムイは初恋のひと、クェンの家で働く。
クェンには婚約者がいたのだが、美しくなったムイに心は動く。

ベトナム戦争中の設定なのだが、全く戦争の雰囲気がない。
女の子が可愛いが、それ以外に見せ場はなかった。
小津安二郎作品に影響を受けた、外人作品にありそうな感じだ。
あとで知ったのだが、監督は幼いときにベトナムを出て、フランスに移住した。
したがって、ベトナムのことをあまり覚えていない。
この映画のベトナムは、想像上の産物だったのだ。
アジアへの郷愁を描いただけに過ぎない。