●2002/12/01 Sun   ☆☆☆☆☆
ハワード・ホークス監督
出演 ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト

 

ずばり男の映画だ!女は二人しか出ない、野郎中心の映画。
文句なしにすばらしい。スカッとする。
内容は、キャトルドライブに絡むボス争いの話だ。

ボス(Jウェイン)はテキサスから牛をミズーリに連れて行こうとしている。
しかしボスが横暴なため、途中でマット(Mクリフト)を中心とする牧童のクーデターが起きる。
マットは牛とともにカンザスへ行き先を変えてしまう。
ボスは傷つき、一度は置いてけぼりを食わされる。
牛9000頭とともに逃げるマット、傷をいやして追うボス。

最後の決戦の地は、カンザスだ。
やはりジョン・ウェインはカッコよすぎる。
最後はモンゴメリー・クリフトが追いつめられ、ハラハラさせられた。
まさに痛快西部劇。

赤い河 1948 アメリカ

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA