監督 : 佐伯清
製作 : 青柳信雄
脚本 : 八田尚之
撮影 : 小原譲治
音楽 : 早坂文雄
 

配役:
高峰秀子 (看護婦北条あき子)◎
上原謙 (恋人の作曲家日高光太郎)
若原雅夫 (あき子に求婚する、お金持ち三津田剛)
宇野重吉 (日高の友人石塚守兵)
田中春男 (結核患者大町北夫)
水原久美子 (野中恵美子)
落合富子 (椿芳枝)
三村秀子 (看護婦稲葉京子)
香山みち子 (とぼけた看護婦三津いく子)
 

早坂文雄のワインガルトナー賞受賞を記念して彼の交響曲「虹」をもとに製作された音楽映画。
早坂は「七人の侍」など黒沢作品や溝口作品などの映画音楽家。
しかしこの映画の主人公日高同様に結核に倒れ、41歳で亡くなる。
あき子と日高は密かに愛し合っているが、日高は結核やみのため、将来のあるあき子と別れようとする。
そんなとき、以前病に倒れたところを助けてやった三津田が現れ、求婚する。
二人の間で揺れるあき子。
ある日三津田と遊園地で遊ぶあき子だったが、急な雷鳴に驚く。
以前日高と会ったときに雷で腰を抜かしたことを思い出す。
そのころ日高は作曲の疲れで喀血していた。
あき子は結婚できなくとも日高と共に生きようと、心に誓った。
 


 

文字通り、あき子は処女だというわけだ。
夢のある題名と比べ、映画の内容は暗い。
男から言わせれば理想的な女性を描いているが、今の時代には実在しない女だ。男のエゴだな。
 

高峰秀子が美しい。
でもクールな彼女には似合わない役だと思った。
上原はいつもの上原。
指揮者ぶりも実に似合わない。
若原雅夫は当時大映の専属だったようだ。後に松竹に移り、「長崎の鐘」に主演する。
1960年ぐらいから銀幕には姿を現さなくなる。