89年の直木賞受賞作。
レイモンド・チャンドラー風の読みやすい、乾いた文体が魅力。
ハードボイルドと言いながら、ソフト・ボイルドぐらいしか、アクションがないところも気に入った。
さりげなく競馬ネタや音楽ネタも入っている。(著者は佐賀でジャズピアニストもやっている。)